- PythonでExcel自動化を行いたい人がまず見るべき講座|PythonによるExcel自動操作入門 連結版

PythonでExcel自動化を行いたい人がまず見るべき講座|PythonによるExcel自動操作入門 連結版

■ ビジネス戦闘力が圧倒的に向上するプログラミングスクール 『code4biz』🧑‍💻
↓説明会はこちら↓
http://code4biz.jp/
※ 締切日:3月23日(水)23:59
※ 第2期開催は当分ありません

👨‍💻⬇︎無料LINE登録で近日限定コンテツ公開⬇︎👨‍💻
✅プログラミング学習効率を飛躍的に高める3つの考え方
✅必ず知っておくべきエラー解決法9...
■ ビジネス戦闘力が圧倒的に向上するプログラミングスクール 『code4biz』🧑‍💻
↓説明会はこちら↓
http://code4biz.jp/
※ 締切日:3月23日(水)23:59
※ 第2期開催は当分ありません

👨‍💻⬇︎無料LINE登録で近日限定コンテツ公開⬇︎👨‍💻
✅プログラミング学習効率を飛躍的に高める3つの考え方
✅必ず知っておくべきエラー解決法9選
✅プログラミングによる業務効率化の重要な考え方と成功事例3選! etc...
https://line.me/R/ti/p/@114eqgxg

■ 講義使用ファイル
https://drive.google.com/drive/folders/1RvjBY3yXoOpjs2kYRCJENAtKcTuG4bD1?usp=sharing

本動画は、PythonでExcel操作を自動化するシリーズで公開した全3回の動画を連結した内容となります。Pythonを用いると様々な業務効率化を実現できますが、その中でもExcel業務の自動化ニーズはかなり多いと考えています。その自動化を実現するため、本動画では、Excelファイルの自動集約から集計表の作成、Excelでよく使われるピボットテーブルやVLOOKUP関数の実装、書式設定までを一気通貫でお伝えしていきます。

00:00 イントロ
01:03 Excelファイル(請求書)の集約
33:36 集計表の作成とExcelでよく使われる機能
01:25:52 書式設定とPDFからの出力

■ Twitter


■ Udemy
https://www.udemy.com/user/jin-xi-hang-ping-2/

#PythonでExcel操作 #Excel自動化 #Python自動化

#Python #Excel #自動化 #業務効率化 #業務自動化 #連結板 #初学者 #入門 #講座
イントロ - PythonでExcel自動化を行いたい人がまず見るべき講座|PythonによるExcel自動操作入門 連結版

イントロ

PythonでExcel自動化を行いたい人がまず見るべき講座|PythonによるExcel自動操作入門 連結版
2021年02月13日 
00:00:00 - 00:01:03
Excelファイル(請求書)の集約 - PythonでExcel自動化を行いたい人がまず見るべき講座|PythonによるExcel自動操作入門 連結版

Excelファイル(請求書)の集約

PythonでExcel自動化を行いたい人がまず見るべき講座|PythonによるExcel自動操作入門 連結版
2021年02月13日 
00:01:03 - 00:33:36
こんにちは、多分のsourceと言うフォルダにEXCELファイルが入ってないからだと思います。講義用使用ファイルあたりから、EXCELファイルを読み込んでないのが原因に想われます。 - PythonでExcel自動化を行いたい人がまず見るべき講座|PythonによるExcel自動操作入門 連結版

こんにちは、多分のsourceと言うフォルダにEXCELファイルが入ってないからだと思います。講義用使用ファイルあたりから、EXCELファイルを読み込んでないのが原因に想われます。

PythonでExcel自動化を行いたい人がまず見るべき講座|PythonによるExcel自動操作入門 連結版
2021年02月13日 
00:01:58 - 02:11:59
はじめまして。ユースフルの動画を見させて頂き、初心者でここにたどり着きました。初っ端を教えてください。python_excel_01フォルダをC直下に置きまして、filepaths読込を実行すると結果が[] 空欄で帰ってきてしまいます。エラーではないので式の誤字ではないと思うのですが、どこに原因があると考えられますでしょうか? - PythonでExcel自動化を行いたい人がまず見るべき講座|PythonによるExcel自動操作入門 連結版

はじめまして。ユースフルの動画を見させて頂き、初心者でここにたどり着きました。初っ端を教えてください。python_excel_01フォルダをC直下に置きまして、filepaths読込を実行すると結果が[] 空欄で帰ってきてしまいます。エラーではないので式の誤字ではないと思うのですが、どこに原因があると考えられますでしょうか?

PythonでExcel自動化を行いたい人がまず見るべき講座|PythonによるExcel自動操作入門 連結版
2021年02月13日 
00:04:59 - 02:11:59
日 (金)  - - PythonでExcel自動化を行いたい人がまず見るべき講座|PythonによるExcel自動操作入門 連結版

日 (金) -

PythonでExcel自動化を行いたい人がまず見るべき講座|PythonによるExcel自動操作入門 連結版
2021年02月13日 
00:19:30 - 00:21:30
https://sagasuru.jp/course-details/cho-honkaku-teki-python-niyoru-gyomu-jido-ka-jissen-gazo-ninshiki-to-burauza-sosa-no-jido-ka - PythonでExcel自動化を行いたい人がまず見るべき講座|PythonによるExcel自動操作入門 連結版

https://sagasuru.jp/course-details/cho-honkaku-teki-python-niyoru-gyomu-jido-ka-jissen-gazo-ninshiki-to-burauza-sosa-no-jido-ka

PythonでExcel自動化を行いたい人がまず見るべき講座|PythonによるExcel自動操作入門 連結版
2021年02月13日 
00:21:30 - 02:11:59
あたりのdef extract(filepath): 以降が上手く定義出来て無いのではないかと思います。 - PythonでExcel自動化を行いたい人がまず見るべき講座|PythonによるExcel自動操作入門 連結版

あたりのdef extract(filepath): 以降が上手く定義出来て無いのではないかと思います。

PythonでExcel自動化を行いたい人がまず見るべき講座|PythonによるExcel自動操作入門 連結版
2021年02月13日 
00:21:48 - 02:11:59
日(水)※ 第2期開催は当分ありません - PythonでExcel自動化を行いたい人がまず見るべき講座|PythonによるExcel自動操作入門 連結版

日(水)※ 第2期開催は当分ありません

PythonでExcel自動化を行いたい人がまず見るべき講座|PythonによるExcel自動操作入門 連結版
2021年02月13日 
00:23:59 - 00:00:00
集計表の作成とExcelでよく使われる機能 - PythonでExcel自動化を行いたい人がまず見るべき講座|PythonによるExcel自動操作入門 連結版

集計表の作成とExcelでよく使われる機能

PythonでExcel自動化を行いたい人がまず見るべき講座|PythonによるExcel自動操作入門 連結版
2021年02月13日 
00:33:36 - 01:25:52
あたりで躓いています。df = df.reset_index(drop=True) と入力すると以下のエラーが表示されました。 - PythonでExcel自動化を行いたい人がまず見るべき講座|PythonによるExcel自動操作入門 連結版

あたりで躓いています。df = df.reset_index(drop=True) と入力すると以下のエラーが表示されました。

PythonでExcel自動化を行いたい人がまず見るべき講座|PythonによるExcel自動操作入門 連結版
2021年02月13日 
00:38:20 - 02:11:59
書式設定とPDFからの出力 - PythonでExcel自動化を行いたい人がまず見るべき講座|PythonによるExcel自動操作入門 連結版

書式設定とPDFからの出力

PythonでExcel自動化を行いたい人がまず見るべき講座|PythonによるExcel自動操作入門 連結版
2021年02月13日 
01:25:52 - 02:11:59
00:00:00 - 00:00:04: 皆さんこんにちはプログラミ交渉一枚ですこのところでは廃村で excel 操作を 00:00:04 - 00:00:06: ご覧に行く系散歩のどうか 00:00:06 - 00:00:11: 合計約2時間のきょうボリューミーなと鉄を1本にまとめたものです本堂が松学舎大た 00:00:11 - 00:00:16: 安心して学習でき実際は業務に活用していける実践的な構造となっています 00:00:16 - 00:00:20: 本講座桜愛というかとまずは複数ファイルに分かれて 00:00:20 - 00:00:25: faq 手刀を一つのエクセルたよねっ集約します修練値たデーターところに集計今日 00:00:25 - 00:00:26: を作成しています 00:00:26 - 00:00:29: 集中でいかに介してウイルスアップ関数やってほんと底打った 00:00:29 - 00:00:33: 6世でよく使われる機能を改造で実装し 00:00:33 - 00:00:35: エクセルでは欠かせないプラの作戦を行ってい 00:00:35 - 00:00:40: これが流れだけだと質素な excel かなってしまうので本当や歴史配置 00:00:40 - 00:00:45: せればフォーマッタ弱くサイマーの詳細設定をかくっを行ったうえで最後に ef ひろ 00:00:45 - 00:00:47: ちくさ金までを実装しています 00:00:47 - 00:00:52: これらの各ステップを学習していただくことで皆さんの改ざんやで不正操作スキル学科 00:00:53 - 00:00:55: 4攻撃から自動化に大きくつなげること 00:00:55 - 00:00:59: ができるはずです磯に降り生むの多い内容ではありますかぜひ 00:00:59 - 00:01:06: 交わしながらも自分をいただければと思いますそれが女に入っていきましょう 00:01:11 - 00:01:15: 今回は複数の請求書を一つのエクセルファイルへ集約することを通して 00:01:15 - 00:01:20: excel 操作を学んでいきましょう体操を使ってエクセル操作を行う際 00:01:20 - 00:01:24: 基本的にはオープンパー excel というモジュールを使用するのが一般的ですが 00:01:24 - 00:01:26: 今回はデータ操作に特化した 00:01:26 - 00:01:31: パンダ酢を使用して講義を進めていきます今回のケースではオープンパイ x 00:01:31 - 00:01:35: を用いた方法でももちろん実装できるのですが冗長なコードとなり 00:01:35 - 00:01:40: 汎用性が低いためパンダースを選択しました皆さんの今後の活用を考えた際にオープン 00:01:40 - 00:01:42: パイエクセルのこだわる必要はないと考えたため 00:01:42 - 00:01:46: パンダースで進めていきますより実践的な内容マスターしてもらいたいので 00:01:47 - 00:01:51: 実際にありそうな請求書を用意しましたそれでは大老 excel べき 00:01:51 - 00:01:52: 第て確認してみましょう 00:01:52 - 00:01:58: こちらのように総数フォルダーの中に3つの excel ファイルを用意しました 00:01:58 - 00:02:02: 10月11月12月と書いた3つは請求書になります 00:02:02 - 00:02:06: 中身を開くとこちらのような excel となっております請求書と書いており 00:02:06 - 00:02:12: 宛名が書いてあって金額そしてこちらに実際に請求項目まあ品目が書かれているような 00:02:12 - 00:02:18: excel ファイルですこの11月そして11月12月ですね 00:02:18 - 00:02:22: これは3つ同じフォーマットでできているというのをしっかり確認することができたか 01:33:44 - 01:33:45: と思います 00:02:23 - 00:02:27: 同じフォーマットでできているという前提のもとを進めていきますのでこちらですね 00:02:27 - 00:02:29: しっかり頭の中に入れておいてください 00:02:29 - 00:02:32: またもう一つですね前提を置いておきます今回は最大で 00:02:32 - 00:02:36: 12行であるという前提のもと進めていきます 00:02:36 - 00:02:41: これが13重要なと成り立たない高度になってしまいますが実際にそれ以上でも最大 00:02:41 - 00:02:43: 行数に合わせてうまく 00:02:43 - 00:02:47: か変にエクセルの中身をとってくるようなことは全然できるのでそれはまた別途応用と 00:02:47 - 00:02:50: して皆さんに取り組んでいただきたいなと思っております 00:02:50 - 00:02:52: なのでもう一度言いますが前提として12行 00:02:52 - 00:02:58: までの品目皮目が12行までなものについて今回は使っていきたいとおもいます 00:02:58 - 00:03:02: では早速コードを書いて行きたいと思いますのでジュピターラボもしくはジュピター 00:03:02 - 00:03:06: 人にあった google コラボレートるでも実装できますのでやっていきたいと 00:23:31 - 00:23:32: おもいます 01:45:24 - 01:45:27: では行きましょう 00:03:08 - 00:03:12: まずですね必要なモジュールというのを読み込みたいと思います 00:03:12 - 00:03:18: では行きましょう import パンダすあずぴーでぃー 00:03:18 - 00:03:22: そしてファイルのパスを取得するグローブというものもインポートしますフローム 00:03:23 - 00:03:27: グローブインポートグローブっとしてください 00:03:27 - 00:03:32: これはインポートしましょう今回ですねまぁ先ほどちらっとお伝えしましたがこれらの 00:03:32 - 00:03:36: 情報いろいろあるんですけれどもここに書いてあるこの表データですよね 00:03:36 - 00:03:40: こちらのデータっていうのをもう一つにがちょっとまとめていきたいと思っています 00:03:40 - 00:03:44: なんだこれが3つのバイオ今回ていきますが10個でも100個でも成り立つように 00:03:44 - 00:03:47: このデータをまとめて抽出し 00:03:47 - 00:03:51: 意見するようなコードを書いていきたいとおもいますではまずエクセルファイルのパス 00:03:51 - 00:03:52: を取得しましょう 00:03:52 - 00:03:57: 先ほどこちらで読み込んだグローブという感想を用いてエクセルファイルのパスを取得 00:03:57 - 00:03:59: しましょうでは行きます 00:03:59 - 00:04:06: グローブ今回はソースというフォルダの中に入っている骨ララ. excel という 00:04:06 - 00:04:07: ファイルをす 00:04:07 - 00:04:12: すべて x 出するのでほにゃらら.エクセルっていうのはこれで*で表現することが 02:06:24 - 02:06:25: できます 00:04:13 - 00:04:17: この*のことをワールドカードを言ったりするんですけれども 00:04:17 - 00:04:20: まぁ気にしないで下さいあのほにゃらだという風にイメージしていただければ大丈夫 00:04:21 - 00:04:24: . xls x としてあげると 00:04:24 - 00:04:27: ほにゃららな excel というファー 00:04:27 - 00:04:30: l 名のものを全て抽出しますよという意味です 00:04:30 - 00:04:36: これはファイルのパスを抽出するのでファイルパスずっという複数形にしてあげて 00:04:36 - 00:04:39: これで中身を見てあげるとこのような状態となっております 00:04:39 - 00:04:43: 何かですねいらないものが入っているような気がするんですけれども 00:04:43 - 00:04:49: たぶんこれは1回投じてあげればいいと思うのでもう一度 00:04:49 - 00:04:52: このようにしてあげましょう今開いて多分のですね ok なファイルってのが 00:04:52 - 00:04:54: 読み込まれていました 00:04:54 - 00:04:58: なのでこの状態で閉じた状態で3つ読み込まれているのを確認しましょう 00:04:58 - 00:04:59: まず大丈夫でしょうか 00:04:59 - 00:05:05: 者ですね手始めにまずファイルを一つ読み込んで一つのエクセルファイルに対して作業 01:50:40 - 01:50:43: を行っていきたいとおもいます 00:05:06 - 00:05:09: その後3つに適用するといった流れで進めていきます 00:05:10 - 00:05:12: ファイルパス 00:05:12 - 00:05:17: 以降居るということで基本的にですねまとめてやりたい場合もまず一つうまく動かって 00:05:18 - 00:05:20: いうのため様が非常に重要です 00:05:20 - 00:05:24: 私の鉱山すでに何回もご受講して頂いてる方はわかるかと思うんですけれども 00:05:24 - 00:05:28: いきなりまとめてフォームとか書くのではなくてまず一つちゃんと実行できるかどう 00:05:28 - 00:05:30: かってのを確認しましょう 00:05:30 - 00:05:32: 今回ですねファイルパスということでこちら一つ取り 00:05:32 - 00:05:38: ましたこの12月分のエクセルファイルのパスを取ることができたのでこちらのリ 00:05:38 - 00:05:40: excel というのを読み込んでいきたいとおもいます 00:05:40 - 00:05:46: では読み込む際には pd .リード xl というのがあります 00:05:46 - 00:05:52: これはパンダさんの中に入っているメソッドですねでここでファイルパスとしましょう 00:05:52 - 00:05:55: このようにしてアンダーバー dfa としてください 00:05:55 - 00:05:59: アンダーバー df へとしてはい定義しておきましょう 00:05:59 - 00:06:03: そうするとですねもしかしたら何かエラーが起こるかもしれません 00:06:03 - 00:06:06: はいこのようにですねインストール x エール rd と出てきます 00:06:06 - 00:06:10: そうするですねもしかしたらこのライブラリモジュールをインストールしないよって 00:06:10 - 00:06:12: いうのが出てくるかもしれないの 00:06:12 - 00:06:16: でこの場合はですねピップとかコンダー度かでインストールしましょう 00:06:16 - 00:06:21: 私の場合は vip 3インストールでここでもそのままインストールしてしまいます 00:06:21 - 00:06:25: このようにエクスクラメーションマークをつけてピップをするとこのジュピター上で 00:06:25 - 00:06:27: 実行することができます 00:06:27 - 00:06:32: おそらくですねこの後オープンパイ xl もいれるくださいねーみたいなエラー 00:06:32 - 00:06:36: も多分出てくると思うのでもしかしたらのためにオープンパイ xl たらも 00:06:36 - 00:06:37: インストールしておきましょう 00:06:37 - 00:06:42: これでおそらく問題ないかなと思うのでもう1回実行しますまだエラーが起きてきまし 00:06:43 - 00:06:48: excel xx ファイル not support ピットと来ているので 00:06:48 - 00:06:53: xlr d ということで一旦これはリロードしてみましょうリロードリスタートです 00:06:55 - 00:07:02: リスタートしていきましょうで上から実行してあげるとまだエラーが起きます 00:07:02 - 00:07:08: でここで何か起きていますがダメですよと読み込まれませんよ xxx 読み込まれ 00:07:08 - 00:07:12: ませんよっていうのでているのでこれですねどのようにしたらいいたっていうところな 00:07:12 - 00:07:15: んですけれどもどうしましょうかここはね 00:07:15 - 00:07:21: えピップでもダメなので excel xl ファイルということでこれはですね 00:07:21 - 00:07:26: あの検索しておきましょうはいここですかねこのしたかな 00:07:26 - 00:07:30: こちらで見てあげるといいかと思いますちょっとエラー起きてるんですけどもうすぐ 00:07:30 - 00:07:33: 解決できると思うのであまり気にせずやっていければと思っています 00:07:33 - 00:07:35: 猫でいいかでエラーが起きた 00:07:35 - 00:07:40: エルっとなっているので試したのは行って2.0まで下げる方法でいいかで動作する 00:07:40 - 00:07:44: ようになったと書いてあるのでこちらでやっていきましょう 00:07:44 - 00:07:48: 先ほどインストールしてしまったのでピップ 00:07:48 - 00:07:52: 3アンインストールで 00:07:53 - 00:07:58: xlr d というのにアンインストールしましょう 00:07:59 - 00:08:06: これでややこしいのですが一旦ここでこっちでやりましょうか 00:08:06 - 00:08:08: ここは止めて 00:08:08 - 00:08:12: ピップ3 xl rd 00:08:12 - 00:08:17: というの 00:08:17 - 00:08:22: コピーしてアンインストールします yes としてあげるとこうなって 00:08:22 - 00:08:27: で9 vip 3でバージョンを指定してあげればよそうそうなのでここで 00:08:27 - 00:08:32: インストールを行いますインストールできたら 00:08:32 - 00:08:36: のようにしていロードしましょう 00:08:36 - 00:08:43: リロードがおそらくできたと思うのでここから上から実行していきます 00:08:43 - 00:08:47: そうするとうまく読み込まれましたこの相手ですまんエラー起きたというかまぁエラー 00:08:47 - 00:08:51: をそのまま興銀移している理由としてはどういうふうにエラー解決しているかというの 00:08:51 - 00:08:55: は正役職者の皆さんに非常に重要な部分だと思っているので 00:08:55 - 00:08:56: このようにちょっとエラー解決の手順 00:08:56 - 00:09:00: もお伝えして行きましたまずですねあのアンダーば df ということでアンダーバー 00:09:00 - 00:09:03: ほにゃららというふうに変数目につけるときにはですね 00:09:03 - 00:09:08: あの一時的に値を格納したい場合にこういった変数名とかをつけることが多いです 00:09:08 - 00:09:12: なので今回はあの df 8せずにあえてアンダーバー df ということを一時的に 00:09:12 - 00:09:13: このデータを 00:09:13 - 00:09:16: 徒ば df ってところに入れていますでこれですね 00:09:17 - 00:09:20: 化粧こちらを消していったん 00:09:20 - 00:09:26: 中身も見ながら進めていけるとより良いかなと思うので 00:09:26 - 00:09:30: excel ファイル1つだけ表示しておきますこのような状態です 00:09:30 - 00:09:35: 今ここを読み込んでパンダースで読み込んだ結果このような形となっているんです 00:09:36 - 00:09:40: はいみなさん中身確認できますでしょうか先ほど x 00:09:40 - 00:09:46: l 城と表示されていたものと見え比べるとなんていうの結構多いですよね 00:09:46 - 00:09:51: なんなんなんなんなんて書いてあってこれが何も入ってない要素がたくさんあるわけな 00:09:51 - 00:09:52: んですよね 00:09:52 - 00:09:58: よく見てみるとですねこことかあれナンバー日付商品コード品名て横になってるはずな 00:09:58 - 00:10:00: のにこの部分ナンバー日付所 00:10:00 - 00:10:04: 品コード何品名なんなんってなってるわけなんですよ 00:10:04 - 00:10:09: あれこれなんでだろうと思ったときに実はこの商品コード買って c と d のセル 00:10:09 - 00:10:11: の結合が行われてたり 00:10:11 - 00:10:15: これ品名も efg て3つのセルの結合が行われているんですね 00:10:15 - 00:10:20: このようにプログラムを書く側の目線からするとセルの結合でめちゃくちゃややこしく 00:10:20 - 00:10:20: なるん 00:10:20 - 00:10:23: ですよああそういうプログラムを書く目線でも 00:10:23 - 00:10:28: ですねやっぱりこのセルの結合っていうのは極力控えた方がいいってのが分かるかと 02:02:57 - 02:02:58: 思います 00:10:28 - 00:10:32: ただしセルの結合していないエクセルってまあまあ珍しいと思うんですよね 00:10:32 - 00:10:37: だいたいの人がセルの結合やってたりするのでこういった面倒な場合も一つ一つ 00:10:37 - 00:10:38: 読み解いていくことで 00:10:38 - 00:10:40: プログラムによってうまく処理させることが 00:10:40 - 00:10:47: 可能になります今回はあえてこのまあよくあるようなデータとしてセルの結合を行われ 00:10:47 - 00:10:48: ている excel を使っていきます 00:10:48 - 00:10:52: 今回は良い練習だと思ってちょっと大変ですがやっていきたいとおもいます 00:10:52 - 00:10:57: ではですね一旦ここでまずデータを読み込むことができたので次へとデータの抽出を 00:10:57 - 00:10:59: 行っていきたいとおもいます 00:10:59 - 00:11:04: それではデータの抽出を行っていきます今回集約して一番詳細な情報 00:11:04 - 00:11:08: つまり重要な情報というのはこの xl の中の 00:11:08 - 00:11:13: こちらの部分ですねこの下の部分に書かれている情報というのが重要な情報です 00:11:13 - 00:11:19: 今請求情報になりますまたこれらをですね全部に共通している情報というのが 00:11:19 - 00:11:25: いわゆるこの上部に記載されているこの度この会社に対しての性急なのかそして伝票 00:11:25 - 00:11:28: 番号発行日担当者名といった 00:11:28 - 00:11:33: こういった情報もまあ必要な情報ではありますまあこれらの上にある上部についている 00:11:33 - 00:11:37: の情報をよくメタデータとかメタ情報というふうに呼びます 00:11:37 - 00:11:39: メタ情報というのはメインので 00:11:39 - 00:11:42: だではないけれども付加的価値付加的データというんですかね 00:11:42 - 00:11:48: フカデータ付加情報として付与されているような情報のことをメタデータっていうふう 00:11:48 - 00:11:49: に呼びます 00:11:49 - 00:11:55: メインはこっちでメインではないけれども必要な付加情報としてあるのがこちらという 00:11:55 - 00:11:59: ふうに大きく2つに分けることが出来ますメインデータとメタデータ 00:11:59 - 00:12:03: ですそしてですねまぁこれらの位置っていうのをこのパンダさんの df 場データ 00:12:03 - 00:12:07: フレーム上でちゃんとざっくりとでいいので確認しておきたいと思います 00:12:07 - 00:12:12: まずメインのデータっていうのがどこからどこかというとこのラヴェールに関しては 00:12:12 - 00:12:14: 10行目ですよね 00:12:14 - 00:12:19: このラベルに関しては10行面のこの部分に付与されています 00:12:19 - 00:12:26: この部分というのは10行目の文子シーンですけれどもだいたい10 00:12:26 - 00:12:32: 4行目までですかねはいって言ってあの飛ばしてほしいですねこのナンバー日付商品 00:12:32 - 00:12:37: コード品名というのが飛ばずッ橋の列で入っているというのが分かるかと思います今回 00:12:37 - 00:12:42: 備考はいらないかなと思うのでまぁそれぞれこの重要な情報の上はビッグアップすれば 00:12:42 - 00:12:43: いいかなと思っています 00:12:43 - 00:12:46: 購入データもそれに紐付く形で11 00:12:46 - 00:12:51: 行目から今回で言うと11行目から12行分 00:12:51 - 00:12:55: 先ほどお伝えしましたが12行最大あるっていう前提のもとを進めていきますのでこの 00:12:55 - 00:13:03: 23まで11行目から23行目までデータが入っているというのがメインのデータです 00:13:03 - 00:13:06: そしてメタデータに関しては上のほうに企業名 00:13:06 - 00:13:10: がこの2-0行目2行目の0列目ですね 00:13:10 - 00:13:15: に入っていたりとか下行コードとかも入っていてまあこれが 00:13:15 - 00:13:19: さんのココですね4これが 00:13:19 - 00:13:23: 企業コード枚超何も書いてない企業コードが入っていたり 00:13:23 - 00:13:29: あとは請求書ナンバーがこちらのほうに入っていたり発行日入っていたり担当者名入っ 00:13:29 - 00:13:34: ていたりということでメタ情報が上に入ってるってのしっかり確認することができてい 00:13:35 - 00:13:39: メタ情報に関してメタデータに関しては企業名企業コード請求書ナンバー 00:13:39 - 00:13:44: 発行日発行者そして発行者コードというのをしっかり取りたいと思っています 00:13:44 - 00:13:49: それが今ここにあるような情報というのがわかるかなと思いますではですねざっくりと 00:13:49 - 00:13:53: h 確認できたところでしっかりとですね今からパンダそのデータフレームから取得し 01:59:58 - 02:00:00: ていきたいとおもいます 00:13:55 - 00:13:59: では行きましょうまずはメインのデータを抽出していきたいと思う 00:13:59 - 00:14:02: いますまずメインデータのカラー6からとっていきましょう 00:14:02 - 00:14:07: カラー6というのカラーの命のところですねどこに入っていたというとアンダーバー 00:14:07 - 00:14:10: df の真上確認し流れてもいいんですけれども 00:14:10 - 00:14:15: 先にお伝えすると授業目に入ってました 00:14:15 - 00:14:19: 手裂は飛び飛びでした別は市に阻止 00:14:19 - 00:14:25: て4列目10列目11列目14列目に入っていました 00:14:25 - 00:14:29: これみなさんわかりますでしょうかアイロックということで i 力を使うときには 00:14:29 - 00:14:30: このカンマで区切って 00:14:30 - 00:14:35: 業と列番号を指定すれば部分抽出をすることができます 00:14:35 - 00:14:41: これ実際の中身見てあげましょうこのようにしてあげるとかラームずっということで 00:14:41 - 00:14:47: 日付商品コード品名数量単価金額という 00:14:47 - 00:14:51: カラムを取ってくることができましたアンネームドと書かれてこちらの左側はまあ 00:14:51 - 00:14:53: あまり気にしなくて大丈夫です 00:14:53 - 00:14:55: しっかりで与えるとしてこの部分ということか 00:14:55 - 00:15:01: できているので問題ないかと思いますそしてですね実際にデータメインのデータ 00:15:01 - 00:15:05: な日目の部分はどこに入ってたかっていうとここも非常に重要ですが 00:15:05 - 00:15:08: アンダーバー df の中のアイロック 00:15:08 - 00:15:14: 雷ロックの中の11行目から23行目まで入っていたのを覚えていますでしょうか 00:15:14 - 00:15:15: でまた 00:15:15 - 00:15:20: あたいも飛び飛びで市にこれも上と同じですね 00:15:21 - 00:15:23: 4そして中 00:15:23 - 00:15:27: 1114というふうに入っていたかと思います 00:15:27 - 00:15:31: 実際に見てあげるとこのように日付が入っていて 00:15:31 - 00:15:35: そしてここにレギュラーをハイオクとか必要な情報が入っていたかと思います 00:15:35 - 00:15:42: 備考は今回抽出していませんでそしたらですねこのデータっていうのがメインのデータ 00:15:42 - 00:15:43: になるのでこれでようやくこれ 00:15:43 - 00:15:48: df というふうに入れてあげましょうそうすると1枚まで見てたように df と 00:15:48 - 00:15:50: いうのはこのようなメインの情報 00:15:50 - 00:15:55: つまりこっからここの中身を取ることができていますと 00:15:55 - 00:16:00: なのでまず ok なんですけれどもカラー名がしっかりついていないので 00:16:00 - 00:16:03: からも先ほど入れた抽出したですねカラー 00:16:06 - 00:16:10: で代入していきましょうこれで絡むの代入ですから6の定義を行うことができるので 00:16:10 - 00:16:12: ここで再度見てあげると 00:16:12 - 00:16:16: 上にしっかりと絡む目ついているのを確認することができました 00:16:16 - 00:16:21: これですね欲しい情報を得られることができましたまずメインデータの取得です 00:16:21 - 00:16:24: よろしいでしょうか何だろうかわかりますかねこういうふうにまず場所を確認して 00:16:24 - 00:16:25: ピンポイントで 00:16:25 - 00:16:29: とっていくんですねこれピンポイント取って大丈夫なのかというとまぁ今回は 00:16:29 - 00:16:34: パフォーマーと統一しているのでピンポイントで行列っていうのを指定しても全く問題 00:16:34 - 00:16:35: ないです 00:16:35 - 00:16:40: また先ほどお伝えしたように基本的には12行分しかないので23行目までしか入って 00:16:40 - 00:16:42: いないという前提のことを勧めています 00:16:42 - 00:16:45: はいということでまずメインのデータを抽出することができました 00:16:45 - 00:16:50: では続いてですねメタデータを取り出して先ほどのこちらの df に追加していき 00:25:33 - 00:25:34: たいとおもいます 00:16:52 - 00:16:54: では早速やっていきましょう 00:16:54 - 00:17:00: まず企業名なんですけれども企業名どこに入ってたかというとなんだバー df の 00:17:00 - 00:17:06: アイロックの二行0列名先ほど確認しましたが二行0列目に企業名が入っていたので 00:17:06 - 00:17:08: ここにですね 00:17:08 - 00:17:14: df の例えばですが企業名という情報を入れてあげましょう 00:17:14 - 00:17:17: 抽出したこの企業名を df 00:17:17 - 00:17:22: 上のメインデータの企業名というカラー6に入れてあげましょうとそうするとですね 00:17:22 - 00:17:26: これさてどうなったかということで見てあげましょう 00:17:27 - 00:17:33: df 中身てあげるとこの木8名というのが右に追加されて全て先ほど抽出した 00:17:34 - 00:17:38: abc というのが記載されていますこのようにメタデーのっていうのはすべての 00:17:38 - 00:17:43: データに共通するデータでもあるのでこれですべて同じ値を入れて全く問題なわけなん 00:17:43 - 00:17:43: ですよね 00:17:43 - 00:17:49: このように複数行に対して一つの値のみは大字丹生する場合すべての行にこのように 00:17:49 - 00:17:51: コピーされるわけなんですね 00:17:51 - 00:17:54: ご利益ブロードキャスターと呼んだりしますがなので僕は非常に 00:17:54 - 00:17:59: 簡単なと思い残りのメタデータも同様にたしていけばいいわけです企業コード請求書 00:17:59 - 00:18:00: ナンバーての 00:18:00 - 00:18:02: 加えていきましょうではいけます 00:18:02 - 00:18:07: 企業名だけではなくて企業校 00:18:07 - 00:18:11: で企業コードに関してはアンダーバー 00:18:11 - 00:18:13: ちょっとですねこれで 00:18:13 - 00:18:20: いくつか用意して企業コードに関しては 00:18:20 - 00:18:24: こちらは産業4列目です 00:18:24 - 00:18:27: そしてまぁ中身確認せずどんどん撮ってきます 00:18:27 - 00:18:30: 請求書ナンバーに関しては 00:18:30 - 00:18:34: 人形を12列目に入っています 00:18:34 - 00:18:40: で発行日すべてですねもう私は答えを知っているのでこのように言っていますがまぁ一 00:18:40 - 00:18:44: 個一個しっかり確認してとっていけば全く同じ結果になるかと思います 00:18:44 - 00:18:50: 発行日は産業12列目です注意していただきたいなと xl での行数てるもこの子 00:18:50 - 00:18:58: 市上野 bf アンダーバディー筆の行数行番号ての確認した上でしっかりと抽出し 00:18:58 - 00:19:05: ねえ発布煌1れたので発行者というのがこれが4行 00:19:05 - 00:19:07: 12列 00:19:07 - 00:19:11: となっています最後発行者コードですね 00:19:11 - 00:19:21: 8校校舎コードというのがこちらが4行を13列目に入っています 00:19:21 - 00:19:26: ac た不要ですってこういう事で8 df の中にまた新しい絡むとしてデータを 00:19:26 - 00:19:27: 入れてあげればいい 00:19:27 - 00:19:33: 来て実際に中身見てあげるとこのように企業ボードヅラ請求書ナンバーズ等発行 b 00:19:33 - 00:19:39: 八光社発行コードっていうのがしっかり入っているのを確認することができましたはい 00:19:39 - 00:19:45: お得に難しくないですよねで今回今この一連の流れだと思うんですけれどもこの一連の 00:19:45 - 00:19:47: 流れで重要なのは一つのエクセル 00:19:47 - 00:19:50: ファイルに対してデータを取ってきたということだけなんですよね 00:19:50 - 00:19:54: でも2つめ3つめ4つめ5つめっていう他の excel ファイルに対しても同じ 00:19:54 - 00:19:57: ように情報抽出してあげたいので 00:19:57 - 00:20:01: この必要な情報中する一連の流れ一連の処理体の一度ですね 00:20:01 - 00:20:03: 関数化しておきましょう 00:20:03 - 00:20:09: ではいきますではですね関数化しておくためにはですね一連の流れというのをまず一つ 00:20:09 - 00:20:12: のセルにまとめて書く必要がありまして 00:20:12 - 00:20:17: でも全然難しくないですここでまず excel を読み込むというのが必要な作業 00:20:17 - 00:20:18: でした 00:20:18 - 00:20:23: excel を読み込みますそして excel 読み込んだあとに何したか覚えてい 00:20:23 - 00:20:24: ますでしょうか 00:20:24 - 00:20:28: xl をここで読み込んで表示しました 00:20:28 - 00:20:31: その後はここでカラムを 00:20:31 - 00:20:33: 取り出しています 00:20:33 - 00:20:36: カラー6の部分を取り出しています 00:20:36 - 00:20:42: そしてカラムを取り出した後に今度はメインのデータての抽出しましたね 00:20:42 - 00:20:45: じゃあ復習も兼ねて見ていきましょう 00:20:45 - 00:20:52: で名のデータ抽出した後にから部名が変な風になっていましたので絡ん名を先ほど抽出 00:20:52 - 00:20:56: から名で上書きしてあげますから無名の再定義しました 00:20:56 - 00:21:01: でそれができたらとはメタ情報を一個一個追加してただけでした 00:21:01 - 00:21:05: 企業名を追加してそして企業行動 00:21:05 - 00:21:09: から発行者コードまでを追加してというこの一連の流れでした 00:21:10 - 00:21:15: でこの一連の流れというのができたので例えばですけれども何か与えを抽出するという 00:21:15 - 00:21:19: ことで行くストラクトという関数を作るとしましょう 00:21:19 - 00:21:24: extract とメイクストラットに必要なのはこのファイルパスさえ 00:21:24 - 00:21:28: ファイルパスさえ分かってしまえばそのエクセルファイルをとってきてそこから情報 00:21:28 - 00:21:30: 抽出することができ 00:21:30 - 00:21:34: 手の乾燥にしたいのでここにファイルパスを引数として選択肢 00:21:34 - 00:21:39: 記入し校に転んでますこの中を全部タブで入れてあげると 00:21:39 - 00:21:43: ファイルパスを入れたらそのファイルパスから df 00:21:43 - 00:21:48: データフレームを読み込んでから6抜き取って名のデータを取ってからもう上書き 00:21:48 - 00:21:50: そしてメタデータを代入 00:21:50 - 00:21:55: するというような一連の流れが出来ますこれでしっかりとですね 00:21:55 - 00:22:00: 作成したデータプレーもリターンしてあげる必要があるのでリターン df という風 00:22:00 - 00:22:02: にしてあげれば ok です 00:22:02 - 00:22:05: よろしいでしょうかこれですね実際に入っ 00:22:05 - 00:22:10: x トラックとを使ってうまくいくのかっていうのを確認しましょう 00:22:10 - 00:22:14: ここにファイルパスを入れてあげましょうファイルパス実際にファイルバス停の今 00:22:14 - 00:22:17: いちばん上でも取り出していますけれども 00:22:17 - 00:22:24: こちら12月のエクセルデータが入っているのでこれで撮ってあげるとはいこのように 00:22:24 - 00:22:25: df オーリー 00:22:25 - 00:22:27: たすることができています 00:22:27 - 00:22:33: 全然問題ないですよね難しくないですよね一連の流れを関数にまとめてあげただけです 00:22:33 - 00:22:37: そしたらこれを df スタートしてあげたらもうパパッと df を取ってくること 00:22:37 - 00:22:39: ができるわけです 00:22:39 - 00:22:45: このような形ですねもうこれではいエクセルの抽出そして関数かっていうのを終える 00:22:45 - 00:22:47: ことができました 00:22:47 - 00:22:47: でそうで 00:22:47 - 00:22:51: ねこれでですねあのデータの結合というところまあ最後やっていけばいいわけなんです 00:22:52 - 00:22:57: 先ほどまでは請求書から必要な情報を抽出するというところまでは実装してきたんです 00:22:58 - 00:23:04: 次のステップは複数のエクセルファイルに繰り返し同じ処理を行なって結合すればいい 00:23:04 - 00:23:05: わけなんですよ 00:23:05 - 00:23:07: つまりこのファイルパス1個目だけでしたけれどもに米散歩 00:23:07 - 00:23:12: 女のファイルに対して同じ処理を行なってこのデータフレームをがチャットくっつけれ 00:23:12 - 00:23:13: ばいいわけです 00:23:13 - 00:23:17: よろしいでしょうか中野パウダー者のデータを結合を行いたい時にはいくつか方法が 00:23:17 - 00:23:18: あるんですけれども 00:23:18 - 00:23:23: 単にデータをガチャンコしたい場合には pd .今キャットという関数を使います 00:23:23 - 00:23:27: これを使うことで縦にも横にも結合することができます 00:23:27 - 00:23:31: ちょっと試しですね pd .根拠とどのように使うかっていうのを見ていきたいと 00:23:32 - 00:23:34: 全然難しくないです 00:23:34 - 00:23:39: サンプルアンダーば1 pd .データフレームということでまずデータフレームを 00:23:39 - 00:23:41: 適当に定義しましょう 00:23:41 - 00:23:44: 二次元配列2次元で用意したくて 00:23:44 - 00:23:49: 2次元のリストリーチ23 a 例えばですけれども 00:23:49 - 00:23:52: 456っとしましょう 00:23:52 - 00:23:54: でこれがサンプル1そして 00:23:54 - 00:23:58: サンプルにには 00:23:58 - 00:24:02: ここを例えばですけど-10 00:24:02 - 00:24:08: ニットかしてここも適当にたちの4の 00:24:08 - 00:24:14: まあ級とかでしておきましょうでこの2つのデータフレームをまず定義します 00:24:14 - 00:24:20: 全これはまったく難しくなくこのように入っているって言うだけですねここ主水 00:24:20 - 00:24:25: 見てあげるといいかなと思いますこれ pd .今キャットをしてあげればよくて 00:24:25 - 00:24:28: pd .今キャットで3ぷるー一度 00:24:28 - 00:24:32: をサンプルにっていうのを入れます 00:24:32 - 00:24:36: 注意していただきたいのはここを私学学校で囲む必要があります 00:24:36 - 00:24:41: これですねこの状態で実行するとどうなるか見ていきましょう 00:24:41 - 00:24:43: はいこれ見てえ 00:24:43 - 00:24:49: あげるとこのサンプルアンダー培地の下にサンプルアンダーバーにの情報が追加されて 00:24:49 - 00:24:50: いるのわかりますよね 00:24:50 - 00:24:55: このようにました2月号したい場合は単にこういうふうに2つのデータプレーもし各 00:24:55 - 00:25:00: 学校で囲って入れてあげればいいだけなんですよね横方向にまぁ今回た手でいいんです 00:25:01 - 00:25:03: 横方向に結合したい場合には 00:25:03 - 00:25:08: この pd .今キャットのところの引数にアキシスっていうのを入れます 00:25:08 - 00:25:11: アキシスっていうのはですねよく出てくるねもう覚えておいたほうがいいんですけれど 00:25:11 - 00:25:16: もこのコンピューター以外にも約出てくるんですけど行方向なのか列方向なのかという 00:25:16 - 00:25:21: 業界で使っていうのを指定したい場合この開けシスっていうのを入れますこれを例えば 00:25:21 - 00:25:23: 列方向ですかね 00:25:23 - 00:25:28: 追加したい部分がアーティス=1としてあげれば横に追加することができるわけです 00:25:28 - 00:25:33: 今回のケースによってはこの日消す指定せずに明日に追加するという場合で考えていき 00:25:34 - 00:25:37: ということですねデータをまとめるためにまあ必要なパーツってのが今揃ってきたので 00:25:37 - 00:25:41: 実際にこのがチャットまとめてみたいと思います 00:25:41 - 00:25:43: では実際にデータの集計 00:25:43 - 00:25:47: それぞれでまとめた抽出したものを集計していきたいとおもいます 00:25:47 - 00:25:50: いきましょうまずこの今キャットを使いますが 00:25:50 - 00:25:53: まず pd . 00:25:53 - 00:25:58: データフレームでからのデータフレームを定義しましょう 00:25:58 - 00:26:04: 身体データフレームを定義したら一個一個ファイルパスを取り出してそこからデータを 00:26:04 - 00:26:06: 抽出していきたいと思いますので 00:26:06 - 00:26:12: このような糖分を書いてくださいこれも皆さんもわかると思うんですけれどもこれ何し 00:26:12 - 00:26:13: ているかと言うと 00:26:13 - 00:26:13: ファイルパスを 00:26:13 - 00:26:19: 一個一個取ってきているわけです中のファイルパスを一個一個取ってきたらこれで 00:26:19 - 00:26:22: まずデータを抽出してあげる必要があります 00:26:22 - 00:26:27: この抽出にはもう皆さんわかると思いますが行くストラクトを使用するとこのファイル 00:26:27 - 00:26:33: パスを入れてあげていくストラクトを収容するとアンダーバー df っての作成する 00:26:33 - 00:26:38: ことができるわけですよねこれだけだとまた途端に作っているだけなのでこのからの 00:26:39 - 00:26:42: フレームに後からどんどん追加していきましょう 00:26:42 - 00:26:47: どういうことかと言うとまず1回目でいうとこの bf というものに 00:26:47 - 00:26:51: ここでとってきたアンダーバーディーフを追加したいわけです 00:26:52 - 00:26:54: pd 怒濤 00:26:54 - 00:27:02: 今キャットそして資格学校の df に何を追加したいかというとこの上のアンダー 00:27:02 - 00:27:04: バーディーフを追加したいですよね 00:27:04 - 00:27:07: このアンダーバー df をこの df に追加したい 00:27:07 - 00:27:11: つまり結合したい場合猫の今キャップを使えば良かったわけです 00:27:11 - 00:27:14: よろしいでしょうかただこの pd .根拠とするだけで 00:27:14 - 00:27:21: はただ追加したへと結合した新しいデータフレームを作成するだけなので上書きされる 00:27:21 - 00:27:22: わけじゃないです 00:27:22 - 00:27:26: df がつまりこれしただけでは df というのは空のままです 00:27:26 - 00:27:30: なのでこの結合したものを d f 2歳代入してあげましょう 00:27:30 - 00:27:34: ここで後から追加して更新という形になります 00:27:34 - 00:27:40: df に対してこれを追加してそして上書きしてあげるっていうのが一連の流れです 01:13:50 - 01:13:51: よろしいでしょうか 00:27:41 - 00:27:45: これですねもうたったの数行まあなんですけれども 00:27:45 - 00:27:51: ファイルパスを取ってきてエクセルの中身を抽出して df に会でそれを彼らの df 00:27:51 - 00:27:55: でまた df に df にっていうふうに追加してあげれば ok なわけです 00:27:55 - 00:28:00: では実際の中身見ていきましょうというか実行しましょう 00:28:00 - 00:28:03: はいもうサクッと終わりました中身見てあげると 00:28:03 - 00:28:10: このようにずらーっとはい3つ分実は入っているんですよ今回のケースで言うと 00:28:10 - 00:28:16: いかがでしょうかこのように整形所ナンバーも008と01にと 00:28:16 - 00:28:20: 003という3つがしっかり入っているのを確認することができています 00:28:20 - 00:28:25: 12月分10月分そして最後に11月分というのが入っているのはしっかり確認する 00:28:25 - 00:28:28: ことができましたいいかがでしょうか 00:28:28 - 00:28:30: もうこれでしっかりとガチャっと結合する 00:28:30 - 00:28:34: ことができたわけです最後にですねまぁこのままでもいいんですけれども 00:28:34 - 00:28:39: ちょっとですねえと見てあげるとどこかにありましたありましたこの辺にですね 00:28:39 - 00:28:45: 不要な行っていうのがありますなぜかというと今回ですね請求者の件数が12件未満で 00:28:45 - 00:28:49: も12件目まで取得するっていうコードを書いているんですよね 00:28:49 - 00:28:50: どういうことがで 00:28:50 - 00:28:55: 11から23行目までを通るっていう風なコードを書いたのを覚えてますでしょうか 00:28:55 - 00:29:00: あのコードのせいでてしまうと何も入っていない行数に関しても値をとってきてしまう 00:29:00 - 00:29:05: このように乗ったナンバーという欠損値値が入っていないような状態ができてしまい 00:29:06 - 00:29:10: なのでこういったの不要な部分をですね削除するために 00:29:10 - 00:29:15: こちらの版出すの adf にはこのようなものを削除する 00:29:15 - 00:29:21: ドロップなというものが用意されています欠損値の削除ですねこれをしてあげると下の 00:29:21 - 00:29:26: 方を見てあげると nan なんというのが消えてますよねでこれでしっかりと不要な 00:29:26 - 00:29:29: 行というのを削除することができたわけです 00:29:29 - 00:29:30: ただですね 00:29:30 - 00:29:35: これだけだと新しくデータフレームを作成するだけで df に上書きされているわけ 00:29:35 - 00:29:36: じゃないので 00:29:36 - 00:29:43: df っとしてあげることでしっかりとテールを知りの方を見てあげればいいのですが 00:29:43 - 00:29:48: はいこのように無駄な不要な行というのを削除することができました 01:25:21 - 01:25:23: いかがでしょうか 00:29:50 - 00:29:54: 最後ですねもうあとは集計データを出力するところなんですけれども 00:29:54 - 00:29:58: ちょっとですねカラー6の順番を少し修正していきたいとおもいます 00:29:58 - 00:30:02: このままでもいいんですけども順番並べかえって方がまあ企業名だと最初に来た方がも 00:30:02 - 00:30:06: スッキリするかなと思うのでその部分だけ並び替えたいと思います 00:30:06 - 00:30:10: では行きましょうこの並び替えを行う際にもアイロックを使用すると便利 00:30:10 - 00:30:15: ですでここでですね全ての行に対して適用したいのですべての行に対して適用したい 00:30:15 - 00:30:16: 場合は 00:30:16 - 00:30:21: follow んとします列の順番をここに書いてあげるべくて今回ですね 00:30:21 - 00:30:26: 最初の企業コートとかを前に持っていきたいので6789 00:30:28 - 00:30:33: 10そして11として後は 00:30:36 - 00:30:42: ゴッドしましょうこのようにこの企業名から後ろの部分これがいわゆる6から11の 00:30:42 - 00:30:48: これを前に持ってきて一番最初のゼロから後の部分を後ろに持っていくっていうのを 00:30:48 - 00:30:53: この df 度とアイロックで実装していますそうすると企業名から発行者コードも音 00:30:53 - 00:30:56: が前に来て日付よりあの後ろの 00:30:56 - 00:31:00: ものが後ろに来ているという形になっていますこれは私があえてこういう風にしました 00:31:00 - 00:31:02: けれども皆さんのですね 00:31:02 - 00:31:06: 好きな形にしていただいて大丈夫です日付が枚がいいという人は日付はそのままにした 00:31:06 - 00:31:08: 状態でももちろんいいかなと思います 00:31:08 - 00:31:12: こちらも先ほどお伝えしたように 00:31:12 - 00:31:15: df が上書きされているわけではないので df としてあげれば 00:31:15 - 00:31:20: このようにしっかりと並び替えカラーの順番が調整されたもを作成することができまし 00:31:21 - 00:31:25: ということでこれらをしっかりまとめたデータフレームを作成することができたので 00:31:25 - 00:31:30: 最後に集計したデータを一つのエクセルファイルに出力してみましょう 00:31:30 - 00:31:35: ではいきますリーフの塔2アンダーバー xl とします 00:31:35 - 00:31:38: よく使うなというアンダーバー csv とが使うんですけれども 00:31:38 - 00:31:42: 今回エクセルファイルに出力したいので xl としておきます 00:31:42 - 00:31:46: そしたらアウトプットというフォルダーは私は今回作りました 00:31:46 - 00:31:51: アウトプットというフォールダーにまあオール何でもいいですけどもアンダーバー 00:31:51 - 00:31:55: data . xls x というふうにしましょう 00:31:55 - 00:31:59: をそうするとアートパッドでフォルダーの中に all data excel と 00:31:59 - 00:32:01: いうファイルが作成されるわけです 00:32:01 - 00:32:07: 左のインデックス番号とかもういらないのでインデックスフォールスッとしてあげれば 00:32:07 - 00:32:10: インデックスを書き出さないような形となります 00:32:10 - 00:32:13: ではこれで実行しましょう 00:32:13 - 00:32:18: 終わりましたちょっと時間まぁちょっと付いても数秒時間かかりましたが 00:32:18 - 00:32:21: アウトプットの中見てみるとこのようにホールでいた取った excel というのが 00:32:21 - 00:32:23: せ神座後数秒前にできています 00:32:23 - 00:32:26: a まだ彼に見ると 00:32:26 - 00:32:32: 入れるのかな見れないですねこのジュピターラボではこちらの 00:32:32 - 00:32:41: 実際にアウトプットの部分を見てあげるとちょっと時間かかるかもしれませんがはい 00:32:41 - 00:32:47: このように集計されたものが入っているのを確認することができました 00:32:47 - 00:32:52: はいいかがでしょうかこの一連の流れパンダ the もさくっとできましたね私は 00:32:52 - 00:32:52: ちょっと今回 00:32:52 - 00:32:56: 事細かにお伝えしたので長くなってしまったんですけれども 00:32:56 - 00:33:00: 実際にもう簡単になんでなくよりをつかめたらもう10分ぐらいではできるかなって 00:33:00 - 00:33:05: いう内容かと思います今回お伝えしたいなまぁオープンパイアクセルとかよく使うって 00:33:05 - 00:33:07: いうのはよく python の excel 00:33:07 - 00:33:10: 講座が良く言ってるんですけどもぶっちゃけ仕えしてもないですしパウダースノーが 00:33:10 - 00:33:14: 汎用性もっと良いより簡単にできるというのは個人的な意見ではありますし 00:33:14 - 00:33:19: こういったものができると様々な同じフォーマットで統一された excel との1 00:33:19 - 00:33:20: 個に集約だろ 00:33:20 - 00:33:24: めちゃくちゃ簡単にできるんですよねエクセルの書き出しまでここまでサクッとできる 00:33:24 - 00:33:27: ことが出来たのでまぁぜひですねこれを機に 00:33:27 - 00:33:31: ですねエクセルであったりとか皆さんの身の回りのパイルというのもサクッとまとめて 00:33:31 - 00:33:39: 業務効率化していくというところを取り組んでいただけたらなと思います 00:33:43 - 00:33:48: それでは前回の復習も兼ねてやっていきたいとおもいますまずは必要なモジュールを 00:33:48 - 00:33:49: インポートしましょう 00:33:49 - 00:33:58: インポートパンダすあず td とファイルのパスを取得するグローブを淫行とします 00:33:58 - 00:34:01: そしたらまずエクセルファイルのパスを取得しましょう 00:34:01 - 00:34:04: 前回のもですね少しファイルの数を増やしております 00:34:04 - 00:34:06: 苦労るー 00:34:06 - 00:34:13: そうシーズンの中の請求書ほにゃらら. xl というものを使用したいと思います 00:34:13 - 00:34:19: このそうシーズンの中に色々あるんですけれどもこの注文票と商品情報マスターは不要 00:34:19 - 00:34:24: でこちらの請求書ほにゃららっていうこの7個ですかね 00:34:24 - 00:34:26: 7個をインポートしたいと思う 00:34:26 - 00:34:29: いますでは行きましょうえ請求書と書き 00:34:29 - 00:34:34: ほにゃらら.いくせるとなっているものをインポートしたいので 00:34:34 - 00:34:41: ここに前回同様*を入れて. xls x ってとしてあげます 00:34:41 - 00:34:47: でこれをファイルパスずという変数に入れておきましょう 00:34:47 - 00:34:51: でこれでいいとってあげるとこのように全部で7個ですかね 00:34:51 - 00:34:54: とってくることができましたで前回行ったかと思う 00:34:54 - 00:35:00: ですけれども関数館ところですねこれはですねもうまとめてコピーしてそのまま使って 00:35:00 - 00:35:07: あげればいいかなと思うのでこちら前回のコードをコピーしておきましょう 00:35:07 - 00:35:13: ベークストラップとという関数を用いることでファイルパスを入力引数としていれて 00:35:13 - 00:35:18: あげたら excel ファイルから必要な情報体の抽出てくる関数てのを作りました 00:35:18 - 00:35:23: 覚えていないと忘れたよという方は是非ですね見返してみてくださいでは早速ですね 00:35:23 - 00:35:25: データの集計ところおきたいと思いますが 00:35:25 - 00:35:31: まずからでこれも前回一部分ですねデータフレームというからのデータフレームを用意 01:52:02 - 01:52:04: して 00:35:32 - 00:35:35: 4ファイルパス犬 00:35:35 - 00:35:40: ファイルパースずっとしてあげましょう 00:35:40 - 00:35:44: 先ほど取引だしたファイルパス頭の中から1個1個ファイルパスを取り出してファイル 00:35:44 - 00:35:46: パスという変数に入れます 00:35:46 - 00:35:48: そしたら adf 00:35:48 - 00:35:54: pd のほうがいいづか pd .今キャットとしてあげます今キャット 00:35:54 - 00:35:57: で4角括弧入れるのを忘れないでください 00:35:57 - 00:36:05: 資格学校入れた後に上の子の空の df に対していくストラクト 00:36:05 - 00:36:12: この上の関数を使ってファイルパスということでいま新たに情報抽出したデータ 00:36:12 - 00:36:16: フレームをとっていきますここで df っていうのリターンしているのでまぁ実際 00:36:16 - 00:36:18: パンダさんの方が帰ってきますね 00:36:18 - 00:36:24: でこれでどんどん追加していきますよとで追加するだけだと何も変化しないので df 00:36:24 - 00:36:25: に上書きするか 00:36:25 - 00:36:27: たちでやってあげると 00:36:27 - 00:36:29: これで 00:36:29 - 00:36:35: ヘッド見てあげましょうこのようにしてあげると複数のマコが自分7個ですかねの 00:36:35 - 00:36:38: ファイルから必要な情報をまとめてこのようにがちょっと 00:36:38 - 00:36:43: くっつけて来てくれていますとで実際に今回行数どれぐらいあるか確認しておき 00:36:43 - 00:36:46: ましょう df とすると84秒あるのがわかります 00:36:46 - 00:36:49: 今回は7ファイルあったので 00:36:49 - 00:36:55: 7かける12行皆さん前回12行を最大行数として扱っていきましたので7かける12 00:36:55 - 00:37:00: で84票ってなっているのがわかるかと思いますでは次ですねえっと実際にデータとっ 00:37:00 - 00:37:04: てくることができたら売上一覧のこれ生計8不要なデータとかを削除して行きたいと 00:37:05 - 00:37:09: 前回も最後の方にちょっとお伝えしたんですけれども後ろの方にはなんとか 00:37:09 - 00:37:12: 入らないデータ買ったりするよねまぁこういった不要なデータというのを削除して行き 01:51:11 - 01:51:12: たいと思います 00:37:14 - 00:37:18: では行きましょう df 00:37:18 - 00:37:24: df ドロップナットするとこの決算超含む行っていうのを削除してくれますつまり 00:37:24 - 00:37:27: 先ほどまあんと書いてあった行を削除してくれるわけなので 00:37:27 - 00:37:31: これを削除したものを新たに df というのに入れたいと思いますつまり df . 00:37:31 - 00:37:34: ドロップなで削除したデータフレーム 00:37:34 - 00:37:38: それを df に新たに入れてあげているような形ですよろしいでしょうか 00:37:38 - 00:37:43: そしたらこれに加えて前回多分ですねちょっとお伝えしはされたと思うんですけれども 00:37:43 - 00:37:48: リーフ中に見てみるとこのインデックスがずらーとバラバラなんですよね 00:37:48 - 00:37:54: 18の次に11位規定とか19の次に11規定みたいな状態になっているのでこの状態 00:37:54 - 00:37:57: だとあまりよろしくないですねやっぱりインデックスってゼロからスタートしてのが 00:37:57 - 00:37:58: いいと思う 00:37:58 - 00:38:02: で df .リセットインデックスっての使ってあげましょう 00:38:02 - 00:38:06: ドロップ true としてあげてこのヤマゲイシャなくて大丈夫です 00:38:06 - 00:38:11: このようにしてあげるとゼロスタートになるねまあこれだけ押さえておいてください 00:38:11 - 00:38:15: よろしいでしょうかここの重点なまぁ気にしなくて大丈夫です 00:38:15 - 00:38:18: でこれだけだと上書きされて 00:38:18 - 00:38:21: 言えないのでここで絡むのインデックスですね 00:38:21 - 00:38:24: インデックスのリセットしたら df に再度入れてあげましょう 00:38:24 - 00:38:28: そうするとゼロスタートなっているのが確認できましたこれちょっと前回お伝えしはさ 00:38:28 - 00:38:29: れたかもしれません 00:38:29 - 00:38:33: そしたら df .アイロックでですね前回同様に 00:38:33 - 00:38:38: から矛盾の調整も最後行いましょう今これからもの順番バラバラなのでこれをですね 00:38:38 - 00:38:45: 企業名からスタートしてでその後ろに日付と花を挿し込むような形にしたいと思います 00:38:45 - 00:38:49: ということで順番帰る際に業は買えませんので転んでそのままに 00:38:49 - 00:38:51: しますあとはえーっ 00:38:55 - 00:39:00: 10そして11としたら後は0 00:39:02 - 00:39:06: 5としてあげれば順番を入れ替えることができます 00:39:06 - 00:39:11: これも同様に df に入れておきましょうこのようにすることで欠損値削除できて 00:39:11 - 00:39:16: かつインデックスリックセットされてから矛盾が調整されたものがこのように入ってい 00:39:16 - 00:39:21: でもでまずこちらの状態にするのがファーストステップですこれからですね実際に 00:39:21 - 00:39:22: 新しいないように 00:39:22 - 00:39:26: やっていきたいというのが次の内容となっておりますひとまずですねここまでしっかり 00:39:26 - 00:39:29: 前回の復習も兼ねでやっていきましょう 00:39:29 - 00:39:33: それでは新しいないように行きたいと思いますが先ほどのパートナーを伝えすれば 00:39:33 - 00:39:37: よかったんですけども集計データの出力もを行っておきましょうということで df . 00:39:37 - 00:39:39: というアンダーバー xl 00:39:39 - 00:39:44: で先ほどの df を excel に出力しましょうでアウトプットというフォルダ 00:39:44 - 00:39:49: を用意しているのでアウトプットの中にまあ all day たみたいな名前をつけ 00:39:49 - 00:39:52: 02. excel 00:39:52 - 00:39:57: 通しておきましょう影響てなければいけないのがインデックスっていうのは基本的に 00:39:57 - 00:39:59: フォルスにしておければいいかなと思います 00:39:59 - 00:40:05: これで ok ですそしたら実際に集計表の作成をやっていきたいとおもいます 00:40:05 - 00:40:08: 実際にですねこの作成したこれいわゆる 00:40:08 - 00:40:12: df っていうのは先ほども確認しましたがすべての品 00:40:12 - 00:40:17: 僕がずらーと書かれているものですつまり売上一覧っていうのを作成することができた 00:40:17 - 00:40:24: ので今度は実際集計表を作成していきたいと思いますまずはですね各担当の売上総額と 00:40:24 - 00:40:28: その内訳を集計した表を作成していきたいとおもいます 00:40:28 - 00:40:32: どういったものかというと出力イメージは 00:40:32 - 00:40:37: こちらのようなイメージです見えますでしょうか 00:40:37 - 00:40:42: こちらのように各担当者ごとの総売上とその打ち明けを順にまとめたようなこのような 00:40:42 - 00:40:45: データフレームを作りたいと思います 00:40:45 - 00:40:49: イメージとしてはこの岸部さんというのは 00:40:49 - 00:40:55: v 系で12万売り上げていますとでここなーんと書かれている部分はこれ内訳の部分 00:40:55 - 00:40:59: ですまからエクセルで見るとわかりやすいかなと思うんですけれどもこの15という 00:40:59 - 00:41:07: 企業宛に3万 tt という会社宛に約9万売り上げだしてその合計が12万ですよと 00:41:07 - 00:41:09: 次桜田さんですこれ合計は全体のか 00:41:09 - 00:41:15: 開かれているのが合計で15万ですでさからさんの打ち明けはこの3社です 00:41:15 - 00:41:21: この3社の合計がこの15万となっているわけですねで山岡さんも同様ですという形で 00:41:21 - 00:41:28: 大きく分けてこの合計の部分と内訳の部分というデータをズラーとまとめて集計表を 00:41:28 - 00:41:29: 作っていきたい 00:41:29 - 00:41:33: いうのがこれからの流れとなりますということはなんとなくゴールイメージっていうの 00:41:33 - 00:41:34: を開きましたでしょうか 00:41:34 - 00:41:38: またのちょうどあのこの表もお見せし流れていきますが 00:41:38 - 00:41:42: イメージをですねまずもってから進めていけるといいかなと思います 00:41:42 - 00:41:46: 高でへ早速ですねやっていきたいとおもいますがまず担当者の情報が入った 00:41:46 - 00:41:49: リストってのを作成したいと思います 00:41:49 - 00:41:53: どういうことかというとですね早速書いていきますがまず 00:41:53 - 00:41:58: df と表示させるとこのようなって言って今回担当者っていうのがまあここ発行者 00:41:58 - 00:41:59: っていう名前になったんですけれども 00:41:59 - 00:42:02: 発行者雨=担当者だと思ってください今回 00:42:02 - 00:42:10: この発行者ですね発行者だけ撮る時閉め桜田騎士だったへと桜ダーっていうのがまず 00:42:10 - 00:42:16: ラーとなっています山を母となってるんですけれども結局今回何にいるのかって言う 00:42:16 - 00:42:20: つまり誰が担当者としているのかっていうのをまず洗い出したいと思います 00:42:20 - 00:42:22: a ソンスいう際にはですねどのようにするかという 00:42:22 - 00:42:25: と df 00:42:25 - 00:42:30: 発行者として発行者の中にユニークな値てどれぐらいあるのってしてあげるんですね 00:42:30 - 00:42:35: ユニーク安泰っていうのはこの中から発行者の中から重複がないデータってなにがある 00:42:35 - 00:42:39: んですかっていうことでユニーク関数を使ってあげます 00:42:39 - 00:42:45: そうするとこの発行者というカラムには岸辺桜田山を買って3つの値しか言ってない 00:42:45 - 00:42:48: ですよという風に重複ないように与えを出してくれています 00:42:48 - 00:42:54: つまり今回は担当者で言うと先ほどもだしたようにこのキー c 米桜田山岡この3人 00:42:54 - 00:42:59: の担当者のそれぞれの合計金額と内訳を出せばいいわけなんですね 00:42:59 - 00:43:04: ということでまぁいきなりですねこの3人分まとめて言っていくのではなくて私の講座 00:43:04 - 00:43:05: を受講して 00:43:05 - 00:43:09: られている方はよく分かっていると思うんですけどまずは1人例として挙げてみてその 00:43:09 - 00:43:13: 人のしっかり東映と集計を行うことができたらじゃあ次の一つ技の書っていう風にやっ 00:43:13 - 00:43:17: ていく方がまあ方法として適切なので今からお伝えしていきたいとおもいます 00:43:17 - 00:43:20: まずはですねこれを 00:43:20 - 00:43:26: 今回メンバーズという 00:43:26 - 00:43:33: リストに入れておきましょうメンバーズという名前にしておいて今回まず一人目ですね 00:43:33 - 00:43:34: 0番目 00:43:34 - 00:43:39: 0番目をメンバーとしておきましょう 00:43:39 - 00:43:43: そうするとまぁ岸部さんを取ることができるのでまずは 00:43:43 - 00:43:47: 岸部さんの場合を全体の集計から抽出していきたいとおもいます 00:43:47 - 00:43:51: 宜しいでしょうかまずは岸部さんのみで考えていきたいとおもいます 00:43:51 - 00:43:57: ではまず先ほどの df から岸部さんのデータのみを抽出したい場合どうする 01:16:58 - 01:16:59: でしょうか 00:43:57 - 00:43:59: 岸部さんのデータの女抽出し 00:43:59 - 00:44:04: bye bye どうするかこれ簡単ですまずどこに注目すればいいかというと 00:44:04 - 00:44:09: 消しべっていう情報が書いてあるのはこの df の発行者の列ですよね 00:44:09 - 00:44:12: ここに行こうリコールメンバーとしてあげるんですよ 00:44:12 - 00:44:14: このようにしてあげると 00:44:14 - 00:44:19: 岸部さんの列だけーっているようになってるんですね岸部さんの列だけ取るようになり 00:44:20 - 00:44:26: でこの状態で 00:44:26 - 00:44:29: このように df で囲ってあげるとなんと 00:44:29 - 00:44:32: 皆さんもご存知かもしれませんが条件抽出として 00:44:32 - 00:44:35: 岸部さんのデータのみを抽出してくれます 00:44:36 - 00:44:41: 宜しいでしょうかこちらこのようにこの中に条件を記載します 00:44:41 - 00:44:44: でそれを df で囲ってあげるとこの条件に合致した 00:44:44 - 00:44:46: つまり true のものの目を奪ってきていく 00:44:46 - 00:44:50: れることができるのでこれはつまり岸部さんの米玉実を取ってきていますでこれを 00:44:50 - 00:44:53: アンダーバー df っていう風にしておきましょう 00:44:53 - 00:44:58: そうするとこのアンダーバー df の中には岸部さんの情報のみが入っているような 00:44:58 - 00:45:00: 状態となっています 00:45:00 - 00:45:04: よろしいでしょうかはいそうしたら頭はこの機種目3のデータだけアンダーバー df 00:45:04 - 00:45:06: に入っているんですけれども 00:45:06 - 00:45:11: 岸部さんが担当した企業の合計売上金額ってどうなっているでしょうか 00:45:11 - 00:45:16: この合計売上金額っていうのはみなさんどこにどこを見れば良い方なんだろうかわかる 00:45:17 - 00:45:22: この金額ありますよねこの金額を合計すればいいんですよねこの金額の列を合計した値 00:45:23 - 00:45:24: つまり今回の 00:45:24 - 00:45:31: 担当した企業の合計金額になるわけですなのでここをですね金額という 00:45:31 - 00:45:36: レッツをとってくるとパンダースのシリーズ形になります1時限のデータになります 00:45:36 - 00:45:40: これに対してさあねっとしてあげると傍系血が出ます 00:45:40 - 00:45:45: つまり岸部さんが担当した企業の合計売上ははい120,300円 00:45:45 - 00:45:49: となっているわけですこれで先ほども 00:45:49 - 00:45:56: ここの値を取ってくることができましたこれで次はそれぞれのそもそもどういう企業を 00:45:56 - 00:46:02: 担当しているのかっていうのとあとはここの金額はそれぞれの企業の金額どれぐらいな 00:46:02 - 00:46:03: のかっていうのを出せれば 00:46:03 - 00:46:07: 岸部さんの情報を取り出すことができますよねよろしいでしょうか 00:46:11 - 00:46:16: では企業ごとの売上高の産出ですが 00:46:16 - 00:46:21: 先ほど同様にどの企業を担当したかってもう皆さんどうやって出すか分かりますよね 00:46:21 - 00:46:26: ユニークを使えばいいんですよどうも担当者がいるかっていうのもユニークでありまし 00:46:26 - 00:46:26: たよね 00:46:26 - 00:46:31: 同様にどの企業がいるかっていうのもユニークで判断することができます 00:46:31 - 00:46:36: どういうことかというとこの企業名のカラムに対してユニークな列をとってきてあげれ 00:46:36 - 00:46:41: ばいいわけですアンダーバー df の企業名のから目に対してユニークな値を 00:46:41 - 00:46:47: 持ってくればいいのではい今回は苺っていう会社と tt という会社 00:46:47 - 00:46:52: 実際先ほどの表も見てわかるんですけどもイチゴと tt この2社を担当しているの 00:46:52 - 00:46:53: がわかります 00:46:53 - 00:47:00: なので一旦これを簡単にずっとという名前で格納してあげれば 00:47:00 - 00:47:01: カンパニーずっと夜中には 00:47:01 - 00:47:05: 担当した企業のリストが入りますよろしいでしょうか 00:47:05 - 00:47:10: ではそれぞれの企業の合計の売り上げを見てみたいと思います 00:47:10 - 00:47:13: 合計の売上どのようにするでしょうか 00:47:13 - 00:47:18: ばとっくに難しくないと思います合計売上これぐらいだしたと思うんですけれども 00:47:18 - 00:47:22: まず企業名がまずいちごのもののみをとってきただけましょう 00:47:22 - 00:47:25: 例えばですけれどもイチゴはカーン 00:47:25 - 00:47:29: はに頭の0番目に入ってますねと 00:47:29 - 00:47:36: なのでこのイチゴであるこの企業名がイチゴであるデータのみをとっていきたい場合は 00:47:36 - 00:47:39: 特に難しくなくて 00:47:39 - 00:47:46: 先ほど同様に行こうリコールで結んであげると企業名がイチゴであるところの蜜ルーで 00:47:46 - 00:47:48: 撮って来てくれるわけです 00:47:48 - 00:47:53: でこれに対してアンダーバー df としてあげると 00:47:53 - 00:47:58: 企業名が15のもののにとってきてくれて 00:47:58 - 00:48:04: でこの中のどの部分見ればいいかというと金額分金額かラームの合計を見たければいい 00:48:04 - 00:48:06: のでここで 00:48:08 - 00:48:15: そうすると金額から戻ってくることができてこれに対して.サムをしてあげれば合計 00:48:15 - 00:48:19: 3万900っていうのを取ってくることができるわけですねここのあたりです 00:48:19 - 00:48:25: 同様にこのかんぱにーずゼロというところ 00:48:25 - 00:48:27: 1にしてあげれば 00:48:27 - 00:48:31: はいこのように89,000400という 00:48:31 - 00:48:36: tt インクの合計売上高っていうのを出すことができています 00:48:36 - 00:48:41: でこの値たしてあげるとこの上のぞ光景金額になるっていうのはわかりますよね 00:48:41 - 00:48:46: 3万900と八幡9400これ立つと120302なります 00:48:46 - 00:48:47: ということでしそう 00:48:47 - 00:48:54: れぞれの先ほどから見ているこのデータをしっかりと取ってくることができたわけです 00:48:54 - 00:48:59: よろしいでしょうかあとはじゃあ桜田さんは山岡さんはって順に見ていけばいいんです 00:49:00 - 00:49:05: よしでは順番に見て行きたいと思いますがこれらのですね 00:49:06 - 00:49:11: 情報元にまあデータフレームをまあ今お見せしたようなデータフレームを作成していき 00:49:11 - 00:49:13: たいと思っていますと 00:49:13 - 00:49:17: でへとこのままでもパパッとできるんですけどもうちょっと情報をまとめていきたいな 00:49:17 - 00:49:18: と思っています 00:49:18 - 00:49:20: これだけだとちょっと汚いので 00:49:20 - 00:49:26: それぞれですね見ていきたいとおもいますがまずもう一度確認するとこの順番が重要で 00:49:28 - 00:49:31: そして内訳合計そして 00:49:31 - 00:49:39: 内訳合計 a そして内訳っていうふうに順番順番に繰り返されているというのが 01:45:45 - 01:45:46: 分かるかと思います 00:49:41 - 00:49:44: こちらのまあそれぞれですね担当者のキーに対する 00:49:44 - 00:49:48: というまあ何定番ですかねまぁちょっとゴチャゴチャするとあれなんですけれどもそれ 00:49:48 - 00:49:53: それまずは上の情報をまとめてあげたいと思いますまず合計金額ですねもう上に書いて 00:49:53 - 00:49:55: ある通りなんですけれども 00:49:55 - 00:49:58: 合計金額は 00:49:58 - 00:50:04: このトータルアンダーまあまあトータルを意味する tot としましょうトータル 00:50:04 - 00:50:09: アーニングするとしてくださいあーにんぐす 00:50:09 - 00:50:13: とするとこのように 00:50:13 - 00:50:17: 合計金額を出すことができますと 00:50:17 - 00:50:21: でこれはですね先ほどのデータみたいにするのにこのデータフレーム 00:50:21 - 00:50:25: このデータフレームを作りたいのでそれはですね単品を作りたいと思います 00:50:25 - 00:50:29: どういうことかというと bd 度と 00:50:29 - 00:50:32: 表示させたままのほうがわかりやすいかもしれないですねここにちょっと置いておき 00:50:33 - 00:50:37: これを作るんですよというのを右神流れていくといいかもしれんこれですねこの右に 00:50:37 - 00:50:38: 表示しながらって 00:50:38 - 00:50:44: 北投ここに自称形で入れてあげますと担当者 00:50:44 - 00:50:49: メンバーメンバーにこれ岸部さんの名前入ってます 00:50:49 - 00:50:53: でそして企業名の中に 00:50:53 - 00:51:00: これ一番最初なので全体なのでこれはそのまま全体1通っていますそして金額のところ 00:51:00 - 00:51:02: にはトータル 00:51:02 - 00:51:05: アーニングすぐ入るのでこういった形ですかね 00:51:05 - 00:51:09: 入ってこれエラーおきますがエラーを切るシフトしては 00:51:09 - 00:51:13: インデックスを指定していなかったのでこの辞書が何番目なのかっていうのがわから 00:51:13 - 00:51:19: ないのでインデックスを指定する必要があります0番目ですよとしてあげるとこの子の 00:51:19 - 00:51:23: 部分ですねこれを今ここで作ってあげることができました 00:51:23 - 00:51:26: よろしいでしょうかで 00:51:26 - 00:51:32: じゃあですねここの部分できたので下の位置とにこれどうやって作るかというのを見て 00:51:32 - 00:51:33: いきましょう 00:51:33 - 00:51:40: これも同様です各担当者が対応した企業事っていうねこの企業ごとに関しては企業名の 00:51:40 - 00:51:41: 部分が 00:51:42 - 00:51:45: 全体ではなく 00:51:45 - 00:51:49: まあカンパニーになるわけですよねカンパニーズ 00:51:49 - 00:51:52: でここかんぱにーずとするよりも 00:51:56 - 00:52:01: ここでカンパニーずっと0番目を 00:52:01 - 00:52:03: 抽出して 00:52:03 - 00:52:08: カンパニーとしておきましょう 00:52:08 - 00:52:10: でそうすると 00:52:10 - 00:52:19: ここにカンパニーっていう値が入って担当斜面とから何なのでここが特に入れないです 00:52:20 - 00:52:25: て企業名 company で金額の部分が 00:52:25 - 00:52:29: これどのように金額算出したかというとここですよね 00:52:29 - 00:52:35: この部分ですこの部分ですがカンパ人数のゼロじゃなくてもここをカンパニーで代替し 00:52:35 - 00:52:38: てしまえばいいので 00:52:38 - 00:52:44: このようにしてあげてカンパニーとしてあげればよくって子ですね 00:52:44 - 00:52:50: でこれで合計がこのように出るのでこれをまトータルじゃなくてアーニングせとして 00:52:50 - 00:52:51: あげましょう 00:52:52 - 00:52:57: グスッまあ売り上げですね 00:52:57 - 00:53:04: そしたらこれで売り上げが出たのでここを 00:53:04 - 00:53:11: このようにしてあげるとはい1を30900となってあげますと 00:53:11 - 00:53:15: まあこのなんていうのはまあ今です何も表示してないからなんですけれども 00:53:15 - 00:53:20: 実際上と下をがっちゃんこするとこが何も入っていないのでなんとなるのでいったん 00:53:20 - 00:53:21: このままで大丈夫です 00:53:21 - 00:53:24: ということでまぁここがですねこれが1になると 00:53:25 - 00:53:30: このようになるわけですね tt なってゼロになると一号になるわけですっていう 00:53:30 - 00:53:35: ふうにこの関西圏に徐々に徐々に近づいていってるのがわかるかなと思います 00:53:35 - 00:53:39: でですねえとこのままでもいいんですけどもうちょっとですねせっかくなので皆さんに 00:53:39 - 00:53:43: 1個ですね違う方法というたんですけどほぼ同じ方法なんですけれども 00:53:43 - 00:53:45: 自社敵方っていうのですねもう一個覚えてほしいな 00:53:45 - 00:53:51: 思って一つお伝えしたいと思います a というのが今まで辞書っててこのように波 00:53:51 - 00:53:53: 括弧で書いてたんですけれども 00:53:53 - 00:53:56: 自社型のデータを生成する方法実は2つあります 00:53:56 - 00:54:02: よく使うこの神書くことあとはですね python の標準の組み込み方で入って 00:54:02 - 00:54:04: いるリクと暮らすっていうですね 00:54:04 - 00:54:05: ものから生成する必要 00:54:05 - 00:54:09: ありますリコと彼らすっていうものを使って今回やっていきたいとおもいます 00:54:09 - 00:54:13: なぜやるかというとまあこれはですねあの皆さんのスキルの幅をちょっと広げるって 00:54:13 - 00:54:17: 言うだけで何かどっちつか全部事件大丈夫なんですけれどもこの dic とカラスを 00:54:17 - 00:54:21: 使った書き方っていうのもまぁ一応覚えておいて一服とまあいいかなと思います 00:54:22 - 00:54:25: でこれ取って学科というですね基本的に今 00:54:25 - 00:54:30: の上の部分でこれをちょっと真似してみましょう 00:54:30 - 00:54:35: これをディクト+を用いて表現したい場合はどのようにするかというとまず今までの 00:54:35 - 00:54:37: やり方がこの波括弧です 00:54:37 - 00:54:41: dic とクラスに関してはこのように 00:54:41 - 00:54:45: キキーとバリアは必要なんですけれどもちろん担当者= 00:54:47 - 00:54:53: カンマそして企業名= 00:54:55 - 00:55:02: ガンマーそして金額= 00:55:02 - 00:55:09: トータルトータルアーニングするとしてあげると全く同じものをこの表現することが 00:55:10 - 00:55:14: よろしいですかねちょっと下のほうが文字数少ないですね 00:55:14 - 00:55:19: a という形になってますがはいいかがでしょうかあの実はですね辞書っていうのは2 00:55:19 - 00:55:22: つが着方があるんですよということで今回ちょっとこっち使って 00:55:22 - 00:55:26: みたいと思います上でも大丈夫ですちょっと皆さん気になった方もいるのではないかな 00:55:26 - 00:55:27: と思うんですけれども 00:55:27 - 00:55:32: キーにこれそのままあのしかしシングルコーテーションとかつけないでも大丈夫だろ 00:55:32 - 00:55:35: でも文字列にしなくてもいいのっていうところなんですけれども 00:55:35 - 00:55:40: 実はですねまぁこのキーはアスキーまあの文字コードの話なんですけれども 00:55:40 - 00:55:42: ascii だけじゃなくて utf 8 00:55:42 - 00:55:46: と utf 8も対応しているため実は少し違和感あるんですけれども 00:55:46 - 00:55:51: シングルコーテーションでくくっていない日本語を入力しても問題なく動作しますこれ 00:55:51 - 00:55:53: がちょっと不思議な部分なんですけれども 00:55:53 - 00:55:58: このように書いても実はエラーは起こりませんで転んじゃなくて=で繋げるという 00:55:58 - 00:56:02: ところは一つ特徴としてはあるかなと思うのでこのままですねちょっと 00:56:02 - 00:56:05: ぜひ覚えておいてくださいでこの 00:56:05 - 00:56:10: 内訳の部分を表現したい場合はこれも特に難しくはないですが 00:56:10 - 00:56:15: このようにして企業名のところをカンパニーして 00:56:15 - 00:56:19: 金額のところアーニング線すれば実現可能です 00:56:19 - 00:56:24: よろしいでしょうかということであの子の集計表ですねこれらの今 00:56:24 - 00:56:29: 岸部さんの情報を取ってくることできたので桜田西山岡さん含めて集計表を作成したい 00:56:31 - 00:56:35: つまり4分書いて岸部さんさくらさん山岡さんてのをやっていきたいと思うんですけど 00:56:35 - 00:56:40: も防蚊書く前に必要な情報体の一個一個まとめていきたいとおもいます 00:56:40 - 00:56:44: このまま止めていいんですけれどもういったり知ったり入ったりするとちょっと面倒 00:56:44 - 00:56:46: くさいので 00:56:46 - 00:56:48: ちょっと工夫して 00:56:48 - 00:56:54: りたいと思いますこの新しく追加したものを 00:56:54 - 00:56:57: この右側に表示して 00:56:57 - 00:57:00: そしてよいしょ 00:57:00 - 00:57:04: この下にここに必要な情報というか 00:57:04 - 00:57:10: コードをまとめていきたいとおもいますまず必要なものとしてはちょっとこれ邪魔です 00:57:14 - 00:57:17: なくなってますが 00:57:17 - 00:57:22: まず一番最初はこの上の部分ですね 00:57:22 - 00:57:27: 岸部さんという情報をここでとってきているのでこれが必要です 00:57:27 - 00:57:31: メンバーズふぐ州にいるところから一人だけ抽出しています 00:57:31 - 00:57:38: あとばその担当者ごと担当者のこの該当のデータ該当するデータを抽出してきているの 00:57:38 - 00:57:40: がこのアンダーバー df のところです 00:57:40 - 00:57:42: そしたらじゃあこの人がドレーグ 00:57:42 - 00:57:48: 雷企業担当しているのかということで担当企業名を抽出しているのがこの部分です 00:57:48 - 00:57:51: その担当企業名抽出したら 00:57:51 - 00:57:55: 合計金額ですね合計金額を 00:57:55 - 00:58:01: ここトータルアーニングすという部分でとってきていますこれが総額ですね総売上の 00:58:01 - 00:58:02: 抽出です 00:58:03 - 00:58:08: そう利上げをじゃあこの1列のデータ異性としたらパンダースのデータフレームでこう 00:58:08 - 00:58:10: やって書く表ってしたんですけれども 00:58:10 - 00:58:14: これは先ほどの dic とでちょっと表現したいと思うので 00:58:14 - 00:58:17: 9ビッグとをとってきます 00:58:17 - 00:58:22: このような形ですよまあこれ後々リストとかに追加したこといったんこのままにして 00:58:22 - 00:58:24: おきますそして 00:58:24 - 00:58:26: その後 00:58:26 - 00:58:32: 上に戻ってこれですねカンパニーズから先ず一つ取りますよと 00:58:32 - 00:58:38: ここで一覧をとってきてそのうちまず一つだけ取りますと一つとって 00:58:38 - 00:58:40: その企業の 00:58:40 - 00:58:48: 売上っていうのこの条件式で抽出して担当企業の売り上げを算出して 00:58:48 - 00:58:50: でそれをまた 00:58:50 - 00:58:52: びくとで 00:58:52 - 00:58:57: こういうふうに表現しているわけですこれがまず必要な 00:58:57 - 00:59:04: 一連のコードになりますでとってこれたのでこちら消しましょう 00:59:04 - 00:59:08: こちらですねこれが必要な全体の大枠です 00:59:08 - 00:59:12: ワークというのも必要なことをまずここにまとめましたこれをもとに for 文を 00:59:12 - 00:59:14: 書いていけばめちゃくちゃ簡単なんですよ 00:59:14 - 00:59:19: どういうことだというとこれはメンバーズの中から一人ひとりとってやってますよね 00:59:19 - 00:59:24: つまりメンバーズの中から1人抽出してメンバーとしてますけれどもこれを付4を 00:59:25 - 00:59:32: みゅんメンバーずっとしてあげればこれでメンバーズの中から1個1個取ってきて 00:59:32 - 00:59:38: メンバーという変数に入れますよっていうことなのでこの量を消すそしてこれを中に 00:59:38 - 00:59:41: いればこれでループを完成させることができるんですよね 00:59:41 - 00:59:44: つまり担当一人一人とってきて処理を加える 00:59:44 - 00:59:45: また処理を超えるっていう 00:59:45 - 00:59:48: ができますそして 00:59:48 - 00:59:53: もう一個がここの部分です担当企業複数あるんですけれども1社だけとってここした 00:59:53 - 00:59:54: 書いてますよね 00:59:54 - 00:59:59: 一緒じゃなくて内訳には2社3社ある場合もあるのでここでも同様に for 文を 00:59:59 - 01:00:00: 書いただけなんですよ 01:00:00 - 01:00:06: ポーカンパニーいぃぃぃーカンパニーズとしてあげると 01:00:06 - 01:00:11: ここ決してコーナーにしたけれどもこれで4分完成なんですよね 01:00:11 - 01:00:16: めちゃくちゃ買ったじゃないですかででもちろんこれだけだと何も起こらないので 01:00:16 - 01:00:18: トータルの結果 01:00:18 - 01:00:23: リーズあるとレッスンしておきましょうこれをリストで入れておいてからで定義して 01:00:23 - 01:00:26: おいて順番に入れていけばいいのでこの 01:00:26 - 01:00:29: の値をトータルレスに 01:00:29 - 01:00:32: アペンのしてあげますと 01:00:32 - 01:00:37: はい月リストにアペンドしますそして 01:00:37 - 01:00:39: ここで 01:00:39 - 01:00:43: 今の企業事も 01:00:43 - 01:00:45: 売り上げもここで 01:00:45 - 01:00:49: これだとアペンドになってないですねアペンド 01:00:49 - 01:00:51: 知ってあげますとん 01:00:51 - 01:00:55: はいこのようにしてあげることでもうコードができてしまったわけです 01:00:55 - 01:01:00: えっと思うかもしれませんがはいこれでも終わりなんですよねもうリストで作成する 01:01:00 - 01:01:02: ことができますうんとりあえずですね 01:01:02 - 01:01:06: 出力してみたいと実行してみたいと思います 01:01:06 - 01:01:08: はいいかがでしょうか 01:01:08 - 01:01:13: このようにしっかりと中身てあげると 01:01:13 - 01:01:16: はいみてください 01:01:16 - 01:01:26: この上の3個がこの3個なってて櫻田さんがこの部分を担当しているのがこうやって 01:01:26 - 01:01:32: 分かって最後山岡さんが1社担当しているというのがここでわかるかなと思います 01:01:32 - 01:01:37: いかがでしょうかこれでリストでとってくることができましたのであとはパンダさんの 01:01:37 - 01:01:40: データフレーム型に入れてあげればもうそれで終わりです 01:01:40 - 01:01:43: pd .データフレーム 01:01:43 - 01:01:48: それで終わりですていた時の中のなるとのロックリーの一言に聞こえましたね 01:01:48 - 01:01:49: せません 01:01:49 - 01:01:52: 余談はさておき 01:01:52 - 01:01:57: これで絡む頭の中で担当者 01:01:59 - 01:02:01: なると桜 01:02:01 - 01:02:04: 見てるんですよあのネットフリックスで 01:02:04 - 01:02:09: 前も見たことあったんですけれどもなんか懐かしくてなるとを見てしまったら止まらず 01:02:09 - 01:02:12: ずっとようなような見ているのが現状でございます 01:02:12 - 01:02:18: はいでは戻りますトータルレスということでここのリス頭にまあパーサーのデータ 01:02:18 - 01:02:21: フレーム得ればそのままでいいんですけれどもこのままだと順番が 01:02:21 - 01:02:25: えっと絡むがごちゃごちゃしてしまうのでも絡むの順番ここで決めてます 01:02:25 - 01:02:32: 担当者名企業名金額っていうのはコメントの同じ並び方にカラーもずっと夕日キスを 01:02:32 - 01:02:33: 入れて指定してあげています 01:02:33 - 01:02:40: このようにしてあげることではいみてくださいできました 01:02:40 - 01:02:46: 同じですよねはい実現したかったこの形にもっていくことができたわけです 01:02:46 - 01:02:51: いかがでしょうかそんな難しくなかったですかねまああのなんかあの今井中の今20分 01:02:51 - 01:02:52: からお伝えしてたんですけれども 01:02:52 - 01:02:57: 実際に一個一個とであればまあたぶん5分10分でできるような内容ですまちょっと細 01:02:57 - 01:02:59: にあのお伝えしてきたっていうのがあるんですけども 01:02:59 - 01:03:00: このようにいっこい 01:03:00 - 01:03:04: そうですねまずは岸部さんが試してみて次桜田さん山岡さんというふうに順番に見て 01:03:04 - 01:03:09: おくといいかなと思います4番自体もそこまで難しくなかったんじゃないかなと思い 01:03:09 - 01:03:13: ということでまずこの集計表の作成は一旦ここで終わりです 01:03:13 - 01:03:18: この後 excel の機能ということで v ルックアップとピボットテーブル 01:03:18 - 01:03:20: はいこの2つをお伝えしたいと思います 01:03:22 - 01:03:26: それでは excel の機能を python で使っていきたいとおもいます 01:03:26 - 01:03:30: まずは取り look up です b lookup 関数は皆さんご存知でしょう 01:03:30 - 01:03:36: 私もたまに使ったりするんですけれども知らないよという方は是非調べてみてください 01:03:36 - 01:03:40: ざっくりだけちょっとお伝えしておくと沿い lookup 関数はマスターデータが 01:03:40 - 01:03:42: あった時にその一部のデータをもとに 01:03:42 - 01:03:47: にマスターデータを参照してそのそれ以外の情報を抽出する時にも使ったりするもの 01:03:48 - 01:03:54: どういうことかというと例えばなんですけれども今ここには売上表がありますそして 01:03:54 - 01:04:00: 商品情報のマスターテーブルがありますつまり商品コードとそれぞれの品目2人に 01:04:00 - 01:04:02: 対する単価っていうのがありますよ 01:04:02 - 01:04:08: っていうのがこれが商品情報のマスターだとした時にこの売上表にこの商品情報 01:04:08 - 01:04:12: マスターから必要な情報をとってきてガチャっと結合して新たな 01:04:12 - 01:04:16: 何かしらのデータを取得したり時に使うものです 01:04:16 - 01:04:21: 例えばですけれどもこの商品コード gsl 01:04:21 - 01:04:22: 001っていうのは 01:04:22 - 01:04:28: この部分にあたりますとなるとこれはレギュラーで120円ですよというのが分かるの 01:04:29 - 01:04:35: このデータには品名と短歌っていうのがないんですけれどもこのマスターを参照して 01:04:35 - 01:04:38: 商品コードがそもそも0017この情報も 01:04:38 - 01:04:43: ガチャッとくっつけることができるようないったことでここに横に追加しているという 01:04:43 - 01:04:47: ような形です他も同様でこの商品コードを参考にして 01:04:47 - 01:04:50: 商品コードにテラ社をして品名をくっつけて 01:04:50 - 01:04:53: そして単価を右に記載しているといった形となっています 01:04:53 - 01:04:57: このようなまぁビールカップっていうのを今から python でサックと実装して 01:04:57 - 01:04:58: いきたいとおもいます 01:04:58 - 01:04:58: めちゃくちゃ簡単 01:04:58 - 01:05:02: んですでは早速やっていきたいとおもいます 01:05:02 - 01:05:05: 早速ですね二つのエクセルファイルを読み込んでいきたいとおもいます 01:05:05 - 01:05:08: エクセルのままスタートあた注文票ですね 01:05:08 - 01:05:13: 読み込んでいきたいとおもいますでは行きましょう 01:05:13 - 01:05:16: まず bd ロットリード 01:05:16 - 01:05:23: アンダーバー xl として同様にそうシーズン中から商品 01:05:23 - 01:05:28: 情報まずた not xl としましょう 01:05:28 - 01:05:32: でこれを df アンダーバーマスターにしましょう 01:05:32 - 01:05:36: これはまあまあスター情報なので d ファンダーばマスターとするほうがわかり 01:05:36 - 01:05:43: やすいかなと思いますはいこのような形ですそしてちょっとヘッドにしておきます 01:05:44 - 01:05:47: あとは注文票もデータも読み込みたいと思います 01:05:47 - 01:05:51: td のとリード 01:05:53 - 01:05:56: そうシーズ 01:05:56 - 01:06:05: の中の注文票というのもあるのでこれを読み込んで df 注文で事オーダーだとして 01:06:05 - 01:06:06: おきましょう 01:06:06 - 01:06:09: df オーダー 01:06:09 - 01:06:15: としてあげるとそれぞれ日付どの商品を何個注文したかっていうのを取得することが 01:06:15 - 01:06:17: できました 01:06:17 - 01:06:22: よろしいでしょうかデブいるカップを早速実装していきたいと思いますが v 01:06:22 - 01:06:27: を実装するにはパンダ最中のエマージっていう関数を使います 01:06:27 - 01:06:29: でマージの関数には引数 01:06:29 - 01:06:33: として二つのデータフレームどれとどれを結合するのっていうのを渡して 01:06:33 - 01:06:37: 引数に這うというものを指定しますえどうやっていきましょう 01:06:37 - 01:06:42: pd not マージまあ買っちゃっと結合しますよという名でわかりやすいですよね 01:06:42 - 01:06:45: この中に df オーダー 01:06:45 - 01:06:50: これと df アンダーバーマスターとしてあげます 01:06:50 - 01:06:55: マスターを右にしてますで how という引数にインナーというのをつけます 01:06:55 - 01:07:00: これがですねレフトとかライトとかあとインナーアウターとかまいくつか秘訣だったん 01:07:00 - 01:07:04: ですけれども細かいことちょっと忘れてしまいましたがこの v ルックアップを実装 01:07:04 - 01:07:05: する時にはインナーデータ 01:07:05 - 01:07:10: いじょーぶですいいなぁというのは先ほどあの頭で見せたようなあの動きをする際に 01:07:10 - 01:07:12: 必要なのがこのインナーという 01:07:12 - 01:07:18: 引数の指定となりますでこれ実際に行ってみたいと思いますはいそうするとこの 01:07:18 - 01:07:24: オーダーのところにしっかりと先ほど同様に品名と短歌っていうのがしっかりが 01:07:24 - 01:07:25: ちょっとくっつけられていますよね 01:07:25 - 01:07:30: もうこれでビールカップ関西なわけです特に難しくないですよね 01:07:30 - 01:07:36: もうマージしてこのオーダーに対してマスター読み込んで刃ウインナー手間指定して 01:07:36 - 01:07:40: あげればこのようなデータになるっていうわけなんですね 01:07:40 - 01:07:45: よろしいでしょうかでまあオマケとしてこの数量と単価があるならここに採捕 01:07:45 - 01:07:50: 合計金額というか金額もしっかり出したいと思うのでその部分もちょっと作りたいと 01:07:51 - 01:07:57: からも全然難しくなくて一旦これを df アンダーバーマージ 01:07:57 - 01:08:01: ドットかにしましょうか df アンダーバーマージド 01:08:06 - 01:08:10: という名前に入れてそしたら 01:08:10 - 01:08:14: df アンダーバーマージドの中の 01:08:14 - 01:08:19: 今回は数量をかける単価をすればいいので数量 01:08:19 - 01:08:25: 家計るっていうのをこれも様も*で書いてあげればよくって 01:08:25 - 01:08:28: ここをターンかこちらですねー 01:08:28 - 01:08:34: これをぽちっと入れてあげますそしたらこのようにかけ the された第40かける 01:08:34 - 01:08:38: 120で4800っていうのがもう実は簡単にできるので 01:08:38 - 01:08:46: この値を df マージドのまあ合計金額とかまぁ金額とかって言うからも作ってそこ 01:08:46 - 01:08:48: に入れてあげれば 01:08:48 - 01:08:51: 関西関西 01:08:53 - 01:08:56: はいこのように金額も出すことができました 01:08:56 - 01:09:00: このようにパンダ使うともう色々とサクッとできるんですよね 01:09:00 - 01:09:05: 慣れてしまえばもう本当に数秒でこのあたりの操作を行うことができるので 01:09:05 - 01:09:09: まあめっちゃ簡単だなってのが分かるかと思いますはいということでまず 01:09:09 - 01:09:13: を伝えしたかったのが v lookup 関数をパ茄子でー 01:09:13 - 01:09:18: 実装してみるというところでした続いてですね日ポッドテーブルを作りたいと思います 01:09:18 - 01:09:21: 今回作成した売上集計表先程作成しましたよね 01:09:21 - 01:09:26: それを基にエクセルでよく使われるピボットテーブルを作成したいと思います 01:09:26 - 01:09:30: まあたってもですねあのパンダースでですねピボットテーブルを使うにはピボット 01:09:30 - 01:09:33: テーブルっていう関数があるのでそれを利用するの 01:09:33 - 01:09:36: で実は簡単に実装することができます 01:09:36 - 01:09:40: では早速ちょっと踏み込んでいきたいと思いますが先ほど 01:09:40 - 01:09:44: 出力した 01:09:44 - 01:09:50: あのデータオーボエと言いますアウトプットで入れたオールデータということで02 01:09:50 - 01:09:53: これを df で再度読み込みましょう 01:09:53 - 01:09:58: 皆さん覚えていますでしょうかズラーとなっているこちらのデータですねはい 01:09:58 - 01:10:03: このデータをまず読み込んでくださいと 01:10:03 - 01:10:08: ピボットテーブルってなにーという方はまた調べてみてくださいまぁ今回エクセルの 01:10:08 - 01:10:10: 講座ではありますけど 01:10:10 - 01:10:15: エクセルの細かなハイ8話を伝えはちょっとしないので調べてみてくださいまぁ実際に 01:10:15 - 01:10:15: ですね 01:10:15 - 01:10:19: 表示した表見てあげるとどういう動作を行っているかっていうのはわかりやすいかと 01:10:19 - 01:10:23: 思いますではこの df に対してピポットテーブルを提供したい 01:10:23 - 01:10:28: 場合にはティポットて振っていうのがあるのでこちらを入れますこちらにインデックス 01:10:28 - 01:10:30: と絡むずを指定します 01:10:30 - 01:10:33: インデックスに何入れるかというと 01:10:33 - 01:10:36: 企業名まずですね 01:10:36 - 01:10:40: どのようになるかというのもまず表示して見てあぁこれがこういうのを意味してたんだ 01:10:40 - 01:10:43: なっての見方が分かりやすいかと思うのでまず書きたいと思います 01:10:43 - 01:10:47: カラー無象の中に品名を入れます 01:10:47 - 01:10:54: そしてバリューずにどういったのを出力するのか程度で金額を入れて 01:10:56 - 01:11:01: 俺を np .サーメットしておきましょう 01:11:01 - 01:11:06: はいよろしいでしょうか正さんはこうですねこれであの合計を出しますよーという 01:11:06 - 01:11:08: ところですかねはい 01:11:08 - 01:11:13: 米は表示してみましょう np が読み込まれていないということだったので 01:11:13 - 01:11:16: インポートナム敗 01:11:16 - 01:11:22: カーズ np としておきましょうねこれで読み込むことができたかと思います 01:11:22 - 01:11:26: はいよろしいでしょうかこれ見ると分かりやすいんじゃないですかね 01:11:26 - 01:11:32: この各企業に対してそれぞれの品目でどれぐらいの金額っていうのはこれさまで書き 01:11:32 - 01:11:33: ましたけれども 01:11:33 - 01:11:36: 合計ですね合計金額を終え 01:11:36 - 01:11:41: 請求しているのかっていうのをまこれで算出してくれているわけです 01:11:41 - 01:11:45: 難しくないですよねこれまあ本当に読めばわかると思うけど c df 昌子はオイル 01:11:45 - 01:11:47: コイン大里甲カーか 01:11:47 - 01:11:54: 汚染タイヤ効果4000円廃屋7200円となっていますがこれは何体かあのたた部品 01:11:54 - 01:11:56: 名があったりしたらまあ合計値を出しているところで 01:11:56 - 01:12:00: 猫の np とサーブで書いてあるのでまぁわかりやすいかなと思います 01:12:00 - 01:12:05: ピボットテーブルあのよく使っている方とかはをめちゃくちゃ簡単じゃんとか思うかも 01:12:05 - 01:12:06: しれないですし 01:12:06 - 01:12:11: あーなるほどねこれこうやってるのねとかこのインデックスっていうのが孫の企業名 01:12:11 - 01:12:15: いわゆるここの部分を示していてから水がこれで excel でいうアレねみたいな 01:12:15 - 01:12:18: 形で紐づくと思うんですけれども 01:12:18 - 01:12:22: まあ簡単にですねもう一消す指定してあげるだけでピポットテーブルっていうのを実装 01:12:22 - 01:12:24: することができるわけです 01:12:24 - 01:12:30: はいということでもう立ったあのド数行でピポットテーブルも作成できましたし 01:12:30 - 01:12:31: 先ほどお伝え 01:12:31 - 01:12:35: たビールがアップったらも実装することができたわけですだからですね私パンどす 01:12:35 - 01:12:36: 大好きなんですよね 01:12:36 - 01:12:39: excel つかーもちろんですけれども python を使うサクサクっとものも 01:12:39 - 01:12:43: できたりするので excel バレてる方エクセルでいいと思うんですけれども 01:12:43 - 01:12:46: 悪事試案は python 使えばもデータの処理とかってすぐできるなぁとか 01:12:46 - 01:12:50: 集計も簡単に出来るなーっていうのがあるのでこういったところですねぜひ学んで 01:12:50 - 01:12:51: いただきたいな 01:12:51 - 01:12:56: と思っておりました最後ですねグラフの作成ということでこれらを基にするとグラフ 01:12:56 - 01:13:01: までちょっと作成して終わりみたいなと思っています 01:13:01 - 01:13:06: ここまでは excel ファイルからいろんな情報をさまざまな切り口で切り取る 01:13:06 - 01:13:07: 方法を紹介しました 01:13:07 - 01:13:10: 続いてグラフを作成する方法を紹介します 01:13:10 - 01:13:17: 例としてこちらのような取引先の売上高がまとめられた excel ファイルという 01:13:17 - 01:13:21: のをグラフずっというフォルダの中に用意しました 01:13:21 - 01:13:28: だから企業別の棒グラフを作成してみたいと思いますつまり企業別というのは abc 01:13:28 - 01:13:30: という会社は当月売り上げこれ 01:13:30 - 01:13:37: 八幡89万ですよとか杉山商事は112万ですよっていうのを棒グラフで作成するよう 01:13:37 - 01:13:40: なものを作っていきたいとおもいます 01:13:40 - 01:13:41: なので完成イメージだけちょっと見て 01:13:41 - 01:13:44: よくとはいこういった形となります 01:13:44 - 01:13:50: 明治は来ますかねこのような形になるようにコードを書いて行きたいと思います 01:13:51 - 01:13:56: 右に取引先別の売上が出されるようなイメージです 01:13:56 - 01:13:58: ではやっていきましょう元 01:13:58 - 01:14:01: 息子リターン閉じます 01:14:01 - 01:14:06: 電話コードを書いていきます excel 上のグラフを操作する場合にはオープン 01:14:06 - 01:14:08: パイ excel というライブラリを使います 01:14:08 - 01:14:12: まあこのデータ操作というだけであればぱなしでよかったんですけれどもグラフって 01:14:12 - 01:14:16: いうところまで行くとオープンパイ excel を使う必要があります 01:14:16 - 01:14:19: そのオープンパン excel 中にチャートというモジュールがあるのでそちらを 01:14:20 - 01:14:21: 使ってやっていきたいとおもいます 01:14:21 - 01:14:25: オープンパイクさんのかチャートの中にヴァーチャートっていうのが特にあるのでその 01:14:25 - 01:14:29: ばあちゃんアートを使って棒グラフを作成していきたいとおもいます 01:14:29 - 01:14:33: では行きましょうまずインポート 01:14:33 - 01:14:35: ぽーたんパイ excel 01:14:35 - 01:14:42: 押しますそして prom オープンパイ xl の中にチャートというのがあるので 01:14:42 - 01:14:45: そこからですね2つ読み込みたいと思います 01:14:45 - 01:14:51: バーチャートとリファレンスというのを読み込みましょう 01:14:51 - 01:14:56: difference でバーチャードというのは棒グラフを作成するためのクラスっ 01:14:56 - 01:14:57: てのはわかると思うんですけれども 01:14:57 - 01:15:02: ぴーぱーレンスっていうのは参照データ範囲どこからどこまでのデータに関してですか 01:15:02 - 01:15:06: っていうのを指定するためのクラスだと思ってください 01:15:06 - 01:15:09: でこの二つがあれば実際にグラフを作成することができます 01:15:09 - 01:15:11: ではやっていきましょう m 01:15:11 - 01:15:14: まずオープンパー xl 度とロード 01:15:14 - 01:15:19: ワークブックとしてくださいこれでまず excel を読み込みます 01:15:19 - 01:15:23: パンツで ulead csv リード excel と同じですね 01:15:23 - 01:15:25: グラフ頭の中の 01:15:25 - 01:15:30: 先ほど見た企業別等月売上表というのを読み込みます 01:15:30 - 01:15:34: これはワークブックということで wb としておきます 01:15:34 - 01:15:38: で wb の中のシートを指定する人があります 01:15:38 - 01:15:43: マイ最初ですねえくせる事態をまず指定してその中の道のシートで使ってのを指定する 01:15:43 - 01:15:45: 必要があって今回は一つしかない 01:15:45 - 01:15:50: のでまぁ今回ですねアクティブってしてあげれば ok ですアクティブと 01:15:50 - 01:15:55: これアクティブいらないですねかっこわねこれをシートということで sh として 01:15:55 - 01:15:59: おきます実際複数シートある場合っていうのはまあそれぞれもちろん指定することが 01:15:59 - 01:16:00: できるんですけれども 01:16:00 - 01:16:04: 1つしかない場合はこの.アクティブを使えばまあ非常にシンプルわかりやすいかなと 01:16:05 - 01:16:09: これまでとってくることができました 01:16:09 - 01:16:13: これは実際に中身とかはまぁ特にまあシート位置って書いてあるだけで 01:16:13 - 01:16:16: sheet 1を参照しているところだけが解るかなと思います 01:16:16 - 01:16:20: そしたらですね早速グラフ化するための参照データ 01:16:20 - 01:16:24: まつまりどの範囲を指定するんですかっていうのを今から書いていきたいとおもいます 01:16:24 - 01:16:29: で今今回ですね作成数は防具楽なのでどのデータですかというと 01:16:29 - 01:16:33: ラベルどれですかっていう2つのペアで用意していく必要がありますまずデータを 01:16:33 - 01:16:34: ちょっと用意したいと思います 01:16:34 - 01:16:37: データなんですけれども 01:16:37 - 01:16:39: もう一度 01:16:39 - 01:16:41: 開いて見てあげると 01:16:41 - 01:16:46: データはどこに入っているかと言うとも実際に使う棒グラフで表示するためのデータな 01:16:46 - 01:16:48: のでこの部分です 01:16:48 - 01:16:52: 十月売上と書いてあるこちらのデータが必要になります 01:16:52 - 01:16:58: なので8 c の1列目 c 列の1行目から最大行までをとってきますよろしい 01:16:59 - 01:17:01: ということでリファレンスをの中の道のシートに 01:17:01 - 01:17:07: 関してですか先ほど取得した sh に関してですよということでこれは何行目ですか 01:17:07 - 01:17:11: 何列目ですかっていうのを指定しますが明 01:17:11 - 01:17:16: コールとします3行目のところのみを抽出してきたので 01:17:16 - 01:17:19: 民こるさん max こるー 01:17:19 - 01:17:23: さーんとしますこのように服することで3列目ですね 01:17:23 - 01:17:27: 3連つ目の値のみをとってくるということになりますこれが 01:17:27 - 01:17:33: 民ポル産 max コール選んだと3列目から4列目までここが子だと3列目から5列 01:17:33 - 01:17:37: 目までとってきますよという意味で最少と最大を決めるわけですね 01:17:37 - 01:17:39: これは今回1列の3ds なのです 01:17:39 - 01:17:44: アンさんとしておきます業はというともうこれわかるかと思うんですけれども 01:17:44 - 01:17:50: 量は1行目この十月売上のところから11行目のところまでです 01:17:50 - 01:17:55: なのでまず1行目っていうのはウィンドウを指定すれば約てじゃあですねまっくスロー 01:17:55 - 01:17:57: はどうするのっていう話なんですけれども 01:17:57 - 01:18:00: ラックせろ 01:18:00 - 01:18:04: これはですねじゃあ11とするのかというとそうじゃなくて最大業を取ってくればいい 01:18:04 - 01:18:10: んですよね今回でと最大がの部分とってくればいいのでここはシートの最大業をとって 01:18:10 - 01:18:14: いきましょうということで max ローっての指定してあげれば実は ok です 01:18:14 - 01:18:18: これで c 列の1行目から最大行目まで 01:18:18 - 01:18:20: つまりここの値を反映 01:18:20 - 01:18:25: として指定していますこれがデータなのでデータという風にしておきましょう 01:18:25 - 01:18:30: 同様にラベルズというのも用意しますラベルずというのは 01:18:30 - 01:18:33: 同様にリファレンスから取ってくるんですがここです 01:18:33 - 01:18:40: この部分です b 列の2行目から最大行目までをとって期待のでここで言うと2列目 01:18:40 - 01:18:43: からですね3列目 01:18:43 - 01:18:49: とってくるので両方ともにでここも82行目からなどににしておきましょう 01:18:50 - 01:18:53: これでデータトラベルズをセットすることができました 01:18:53 - 01:18:56: よろしいでしょうかデータこれちょっと消しておきます 01:18:56 - 01:19:00: あとですね棒グラフの設定をいくつかしたらもうほぼ終わりです 01:19:00 - 01:19:04: では行きましょうまず棒グラフのインスタンスだということで棒グラフを作成しますよ 01:19:04 - 01:19:06: という準備をします 01:19:06 - 01:19:10: バーチャートという先ほどインポートしたものを読み込んで行 01:19:10 - 01:19:15: これインスタンス化を行います棒グラフのまあいわゆる大ワークの作成ですね 01:19:15 - 01:19:21: 棒グラフを使えますよという準備ですでまず chart .タイプとしましょう 01:19:21 - 01:19:27: chart .タイプでコールとしてくださいこれ 01:19:27 - 01:19:30: 交流としましょうまこれ通常の棒グラフのスタイルです 01:19:30 - 01:19:35: もし縦軸を基準に棒グラフを作成する場合はここをバーとしてあげます一旦コールで 01:43:57 - 01:43:58: 大丈夫です 01:19:36 - 01:19:42: チャートの中のスタイルっていうのがあるのでスタイルとすると 01:19:42 - 01:19:45: ここはよ所 01:19:45 - 01:19:49: 28通してくださいこれがですね立場文字の大きさにあたります 01:19:49 - 01:19:56: chart .タイトルとしてあげるとこれがチャート棒グラフのタイトルです 01:19:56 - 01:20:00: トリー取引先企業別 01:20:00 - 01:20:05: プーリアゲットしておきましょうかでチャート 01:20:05 - 01:20:11: どっとわい開けシっすということでこの y 軸の中のパイ取るとしてあげます 01:20:11 - 01:20:20: ワイア消しそんな彼のタイトルとすることで縦軸が売上額になるのでこのようにして x 01:20:20 - 01:20:23: 軸も同様に決めてあげましょう 01:20:23 - 01:20:25: x アクシスっていうものがあってよ 01:20:25 - 01:20:29: 5軸はえっと東欧リー引き裂き 01:20:29 - 01:20:33: 企業名いっとしてあげればいいかなと思います 01:20:33 - 01:20:39: そしたらこれでまあ諸々の設定を終えたのでチャートに実際にデータを追加します 01:20:39 - 01:20:43: チャートアドデータとしてデータを追加しましょう 01:20:43 - 01:20:47: でタイトルず4 from データということで 01:20:47 - 01:20:51: トールズフロームデータということでくるという風にしてくださいこれデータから実際 01:20:51 - 01:20:53: にタイトルを獲っていきますよということ言いますけど上の部分 01:20:53 - 01:20:57: 1行目をとってきたと思うんですけれどもあの部分ですね 01:20:57 - 01:21:01: 1行分あのちょっと excel 表示してるんですけど一番上の一行目のところも 01:21:01 - 01:21:05: データに含んでいたのでデータからタイトルをとっていきますよってのを true に 01:21:05 - 01:21:06: しています 01:21:06 - 01:21:07: でこれで 01:21:08 - 01:21:11: chart . set 01:21:11 - 01:21:16: カテゴリーずとしてこれにカテゴリー z 松丸ラベルのことなのでラベルを追加し 01:21:16 - 01:21:17: ますと 01:21:17 - 01:21:23: そしたら sh レシートにですねもうこれでチャートがほぼ完成したようなもんなん 01:21:23 - 01:21:27: ですよねデータ追加してそしてラベルも追加したので方法を完成して言って 01:21:27 - 01:21:28: 後あら 01:21:28 - 01:21:31: にをするかというとグラフをワークシートに追加する必要があります 01:21:31 - 01:21:36: なのでここで sh .アドチャートでチャートを加えます 01:21:36 - 01:21:40: そのチャートですかということでチャート上でインスタンス化したこのチャートを加え 01:21:40 - 01:21:47: ますよどこにグラフを貼りますかということで今回ですね e 3っていうせるの部分 01:21:47 - 01:21:48: からえーっ 01:21:48 - 01:21:52: チャートを作りたいと思うのでいいさんとしてあげます 01:21:52 - 01:21:56: でこれで終わり家庭とするわけじゃなくて excel ファイルを最後更新する必要 01:21:56 - 01:22:02: があるのでこちらで読み込んだと思うんですけれども 01:22:02 - 01:22:03: よしパン 01:22:03 - 01:22:10: wb ワークブックをセーブ保存しますよということで全く同じ名前で保存してあげれ 01:22:10 - 01:22:12: ば更新する形になります 01:22:12 - 01:22:18: これで保存しましょうこれで実はグラフ作成することができています中身見てみ 01:22:19 - 01:22:24: はいかかでしょうか先ほどなかったこのデータっていうのを取ってくることができて 01:22:24 - 01:22:25: いるわけです 01:22:27 - 01:22:33: テーマこれ実際十月売上と書いてあるんですけどもこれは先ほどのデータのタイトルず 01:22:33 - 01:22:35: from data = true としているんですけれども 01:22:35 - 01:22:39: ここの部分指定してましたよねならこの当月売り上げたをとってきてしっかりと判例と 01:22:39 - 01:22:42: して表示してくれているわけですいいかがでしょうか 01:22:43 - 01:22:46: まぁちょっとですねあの先ほどの上までの流れと比べるとコードが多いんですけれども 01:22:46 - 01:22:47: まあコード多いという 01:22:47 - 01:22:53: でもただ設定をしているだけなので全然難しくはないかなと思います範囲指定して棒 01:22:53 - 01:22:56: グラフ使いますよで棒グラフの設定ですよ 01:22:56 - 01:23:01: データ加えますよシートにチャート加えますよを保存しますよっていう流れだけどね 01:23:01 - 01:23:05: 空にすることでここにグラフっていうのを追加することができました 01:23:05 - 01:23:07: もう一個ですねおまけにやっておきたいと思いま 01:23:07 - 01:23:12: ます先ほどですね x 軸からまたてにこれ縦に棒グラフが並んでいますが y 実家 01:23:12 - 01:23:18: つまり横に棒グラフが並ぶような場合も作ってちょっと最後はんにしたいなと思います 01:23:20 - 01:23:24: ですねこれインスタンスその揉めてしまうとやのいけなかったりするので先ほどに 01:23:24 - 01:23:27: インスタンスっていうのをですねええ 01:23:27 - 01:23:30: コピーしたいと思いますフロンのコピー 01:23:30 - 01:23:32: もうちょっとあの 01:23:32 - 01:23:36: 口頭ではないんですけれどもまあもういっこめっこ作るためいいんですけれども 01:23:36 - 01:23:39: ディープコピーとのをしてあげますどういうことかというと 01:23:39 - 01:23:44: leap コピーチャートとしてあげると先ほどと同じこのインスタンスあったじゃ 01:23:44 - 01:23:45: ないですか 01:23:45 - 01:23:48: このチャートの中にはいろいろな情報が入ってるんですよここには 01:23:48 - 01:23:52: ここに入っている情報っていうのは先ほど設定したこれらの情報です 01:23:52 - 01:23:56: 本当に設定したこの部分の情報がずらーっと言ってるんですけれどもこれはですね 01:23:56 - 01:24:01: コピーして新たにチャート2っていうのにしたいですよと 01:24:01 - 01:24:05: いう場合にはこの d ポピーてのしてあげるのが非常に良いです 01:24:05 - 01:24:09: これですね先ほどのグラフインスタンスたら丸々コピーすることができます 01:24:09 - 01:24:16: これでチャート2とが用意してあげることができてそしたらチャート2に対して今回は 01:24:16 - 01:24:20: あの縦軸と横軸だけ書いてあげたかったのでこのチャート 01:24:21 - 01:24:26: 2のタイプ先ほどはバーンじゃなくてコルトしたんですよね 01:24:26 - 01:24:30: ねここをバーにしてあげます 01:24:30 - 01:24:37: でこれからバーに変更したらあとはもうここで sh シートにチャートを加えますよ 01:24:37 - 01:24:43: ねここチャート2を加えますよで保存しますよとすれば実は終わりです 01:24:43 - 01:24:49: 実行しましょうどこにえら起こっています戦では見ていたいと思います 01:24:52 - 01:24:55: はいこのようにここ追加することができていますね 01:24:55 - 01:25:01: いかがでしょうかこのようにちょっと今重なっていますがちょっと場所ですね 01:25:01 - 01:25:05: e 3のままにしてしまったので重なっていますがここホーマー e 15とか 01:25:05 - 01:25:09: ちょっと掻いてあげると良かったかと思いますそのまま寝てしまいましたが実際にこの 01:25:09 - 01:25:11: ように表示されているのがわかるかと思います 01:25:12 - 01:25:17: あれですね横軸になっていますよね横軸とかまぁ横の棒暗くなっているのでこんな簡単 01:25:17 - 01:25:21: にですね実はゴールグラフっていうのを作成することがはいできるわけなんですよね 01:25:23 - 01:25:27: 他にもですね open パイアクセルには様々なグラフを作成できるものがあるので 01:25:27 - 01:25:32: ぜひですね公式ドキュメントとかを参照して見ていただけたらなと思いますと 01:25:32 - 01:25:37: ことではいエクセルの集計から実践 excel の機能として 01:25:37 - 01:25:41: ピボットテーブルであったりとかビールカップを使ってそしてグラフの作成という 01:25:41 - 01:25:42: ところまではお伝えしました 01:25:42 - 01:25:46: ちょっとですね細かくというか丁寧にお伝えしすぎた部分あるんですけれども 01:25:46 - 01:25:50: またあのですねもうこれら復習して実際に皆さんの業務に生かしていただけたらなと 01:25:50 - 01:25:56: 思っております 01:26:01 - 01:26:04: それではまず必要なモジュールを読み込んでいきたいとおもいます 01:26:04 - 01:26:08: 基本的にはオープンパイエクセルを使っていきますのでオープンパイ excel が 01:26:08 - 01:26:09: まだ入っていない方は 01:26:09 - 01:26:13: ピップもしかピップ3でインストールしていきましょうではですねもうインストールさ 01:26:13 - 01:26:15: れているという前提で進めていきます 01:26:15 - 01:26:19: まずインポートオープンパイエクセルでオープンパイ excel 自体をインポート 01:26:19 - 01:26:21: しもうちょっと 01:26:21 - 01:26:25: ですね open パイエクセルの中にスタイルというものがあります須田いる図です 01:26:26 - 01:26:30: この中からいくつかのクラスを読み込みたいと思います 01:26:30 - 01:26:36: 鯛麺とそしてへとパーターフィールポンと 01:26:39 - 01:26:44: インドというものをインポートしましょうこれはですねエクセルの書式を設定する上で 01:26:44 - 01:26:47: 必要な暗さになりますのちょうど詳しく説明していきます 01:26:47 - 01:26:52: でおなじみのファイルのパスを取得するためにある 01:26:52 - 01:26:57: グローブですねをインポートしましょうではまずソースとあるファイルを読み込んで 01:26:57 - 01:27:00: 行きたいと思いますのでおなじみのブログでパスを取得しましょう 01:27:03 - 01:27:10: そうシーズンの中に今回は企業別年間売上教育するというのがあるのでこちらを 01:27:10 - 01:27:16: 読み込みますそしたらファイルパース図ではなく今回はファイルパースートしますまず 01:27:16 - 01:27:19: かというと一つしか今回読み込まれないので 01:27:19 - 01:27:22: 1つのファイルだけを見込むのにファイルパスずとする必要ないので 01:27:22 - 01:27:23: ファイルパスとします 01:27:23 - 01:27:28: でこれ中身見てあげるとこのように今一つのファイルであってもリストで入っているの 01:27:28 - 01:27:31: でこれはゼロという風にしてあげて 01:27:31 - 01:27:35: このようにしてあげるとまあ一つ台形ファイルパスを取得してくることができます 01:27:35 - 01:27:39: 今回リストではなくもう文字列でもっておくのがいいかなと思います 01:27:39 - 01:27:43: ならその子のファイルパスを使ってエクセルファイルを読み込んで今回利用 01:27:43 - 01:27:48: するシートにアクセスしたいと思いますでは行きましょう前回も最後の方にお伝えした 01:27:48 - 01:27:49: かと思うんですけれども 01:27:49 - 01:27:53: オープンパイエクセルの中のロードワークブックとしてあげることで 01:27:53 - 01:27:56: ここにファイルパスを入れて excel を読み込むことができます 01:27:56 - 01:27:58: デイ基本的に 01:27:58 - 01:28:01: オープンパイエクセルではこの excel 読み込んだものワークブックという風に 01:28:01 - 01:28:03: 表現するので wb 01:28:03 - 01:28:07: というインスタンス名でこのように宣言しておきます 01:28:07 - 01:28:11: そしたら wb 中からアクティブなまあ一つしかないんですけれどもシートを取得し 01:28:11 - 01:28:14: たい場合には wb .アクティブとします 01:28:14 - 01:28:18: 他にも指定の方法あるんですけれども今回はそのまま wb .あ 01:28:18 - 01:28:23: ティブって大丈夫ですこれはシート取得なので s 1っていう風にしてあげましょう 01:28:23 - 01:28:27: これで読み込むことができましたはいではですね早速読み込むことができたので色々と 01:28:27 - 01:28:30: 書式の設定等を行っていきたいとおもいますが 01:28:30 - 01:28:33: まずですね今回の excel 確認しましょう 01:28:33 - 01:28:38: 今回の excel このようなものとなっており a 列に企業コード企業名 b 01:28:38 - 01:28:45: e 列そしてキーから n れずまでは各月の売り上げが表示されて言って横列には 01:28:45 - 01:28:50: 最後年間の合計売上が記載されているような状況です 01:28:50 - 01:28:55: で今回ですねあのまず表示した状況これ見てみるとこのようにまあ全て表示されてい 01:28:55 - 01:28:58: ないで sharp シャープとなっているんですけれどもこれは 01:28:58 - 01:29:03: なあ絡むの幅が調整されていないからの幅もうちょっと大きければこのように表示さ 01:29:03 - 01:29:04: れるんですけれども 01:29:04 - 01:29:09: 今小さいので省略されているの形となっていますなのでまずはですねこのカラー部の幅 01:29:09 - 01:29:12: を調整して数値がちゃんと見えるような状態にしたいと思います 01:29:12 - 01:29:17: 省略されているような数字もしっかり表示されるような状況にしていきたいとおもい 01:29:18 - 01:29:21: ではですねやっていきたいと思いますが基本的にこれもオープンパイ excel を 01:29:21 - 01:29:24: 使うことで実装することが可能です 01:29:24 - 01:29:28: 実際進めていく前に1個ですね確認しておきたい点としては excel というのも 01:29:28 - 01:29:30: 皆さんのご存知の通り 01:29:30 - 01:29:32: 業法子に関しては数字 01:29:32 - 01:29:38: が割り当てられていて別に関してはアルファベットが割り当てられているって言う 01:29:38 - 01:29:40: ところしっかりちょっと認識しておいてください 01:29:40 - 01:29:47: 今回ですね自称形でええまぁ今回はまず彼のカラー6カラー6の幅を調整するんです 01:29:47 - 01:29:52: au はどれくらいの幅でリーはどれくらいの幅で c はどれぐらいの幅ですよって 01:29:52 - 01:29:52: いうのを 01:29:52 - 01:29:59: 大アルファベットとその幅を自称形でもっておく必要がありますつまり a 01:29:59 - 01:30:02: ごろん10 b 頃18みたいな形で 01:30:02 - 01:30:05: カラー6の名前アマーアルファベットとそれに紐づく 01:30:05 - 01:30:11: 数値幅の長さというのセットで紐付けてあげる必要かなのでその今ですね 01:30:11 - 01:30:12: 今からその事象型オブジェクトっていうの 01:30:12 - 01:30:18: を作成していきたいとおもいますまずはですねこの最大カラム数っていうのを把握した 01:30:18 - 01:30:21: 上でその対応するアルファベットの文字列をですね 01:30:21 - 01:30:24: 取得していきたいとおもいますでは行きましょう 01:30:24 - 01:30:27: ちょっと変わったやり方でやっていくんですけどまぁこういうこともできるんだという 01:30:27 - 01:30:29: のはですね覚えていただけたらと思っ 01:30:29 - 01:30:36: いますでは行きましょうまずシートの中から今回そもそも何行じゃなくてなんじつある 01:30:36 - 01:30:40: のかっての取得したい場合にはシートの中から 01:30:40 - 01:30:44: max 絡むというのを取得してあげるとあー今回15列あるんだなっていうのが 01:30:44 - 01:30:49: わかりますこれをマック数コールという変数に入れておき 01:30:49 - 01:30:53: ましょう後後何回か使うのでこのように変数に入れておきます 01:30:53 - 01:30:58: でこれを使ってですねあのアルファベットっていうのがもう今回というと a から大 01:30:58 - 01:31:02: までなんですけどもええから大までの文字列というのを取得したい場合 01:31:02 - 01:31:05: abcdefg って書いてもいいんですけれども 01:31:05 - 01:31:09: インポートストリングでストリングというですねモジュールを使うともっと簡単にでき 01:31:09 - 01:31:12: たりするのでこちらを使いたいと思います 01:31:12 - 01:31:13: どういうことかというとですねストーリー 01:31:13 - 01:31:17: ing . ascii 01:31:17 - 01:31:22: アッパーケースとしてあげるとこのように abc でとまぁアルファベットっていう 01:31:22 - 01:31:24: のを文字列で取得してくることができるんですね 01:31:24 - 01:31:28: これに対して今回15ですよね 01:31:28 - 01:31:31: このマック数 01:31:31 - 01:31:35: コールっていうのが15なんですけれども15文字目までつまり a から大までって 01:31:35 - 01:31:38: の取得したい場合にはここにコロン 01:31:38 - 01:31:42: max 頃としてあげるとこういうふうに取得できるんですよ 01:31:42 - 01:31:47: 皆さん文字列に対してこの資格を使うやり方知ってますか多くの場合配列に対してこの 01:31:47 - 01:31:50: やり方がイメージわくと思うんですけれども 01:31:50 - 01:31:51: 文字列に対し 01:31:51 - 01:31:57: このように6表現例えばさーんとかてしてあげると文字列の3文字目まで取得してくる 01:31:57 - 01:32:01: ことができるんですねこれでこれをボートすると5文字目までを取得してくれることが 01:32:01 - 01:32:06: できたりするので今回は max コールつまり15文字目までを取得したいので 01:32:06 - 01:32:11: このようにしてあげると a からおーというつまりこの部分ですねええから大までの 01:32:11 - 01:32:14: 文字列というのをまとめて取得してくることができました 01:32:14 - 01:32:17: はいよろしいでしょうかこうゆうふうにできるんだというものですねまあ一つの 01:32:17 - 01:32:20: tips として覚えていただけたらなと思います 01:32:20 - 01:32:24: 今回はこのようにコールズというふうに入れておきます 01:32:24 - 01:32:28: ゴールどうやって使うのかというのはですね後々わかってくると思うのでもいったん 01:32:28 - 01:32:31: この前にしておきましょう続いてそれぞれの 01:32:31 - 01:32:32: カラム幅が入った 01:32:32 - 01:32:38: 配列ってのは作成しますまずですねここで a から大までっていういわゆるカラム名 01:32:38 - 01:32:41: を取ってくることが出来たのでそれぞれのカラーの幅をですね 01:32:41 - 01:32:46: 入れた配列っての作成したいと思います彼らの幅っていうのは9 a どれぐらい b 01:32:46 - 01:32:51: どれぐらい点を作成するんですけれども今回はまずベースはですね 01:32:51 - 01:32:52: ベースは10人にして 01:32:52 - 01:32:56: おきたいと思います12ピクセルというつかない魔獣にしておきたいと思うのですが 01:32:56 - 01:32:59: それをどのようにするかというとまず 01:32:59 - 01:33:03: 12のかけることの max 攻ルートしてみてください 01:33:03 - 01:33:06: みなさんこれの出力結果どうなるかわかりますでしょうか 01:33:06 - 01:33:12: 12に一つハ12が一つ入ったこのリストに対して10位バックスクールをかけて 01:33:12 - 01:33:12: あげると 01:33:12 - 01:33:16: このように12という要素が入った長さ15 01:33:16 - 01:33:20: max ポル分の配列アリストっての作成することができます 01:33:20 - 01:33:26: そしたらこれに対してこれはですねウィルスという名前で定義してあげましょう 01:33:26 - 01:33:29: このような形ですでこれだとまぁいわゆる 01:33:29 - 01:33:34: 全て a から大までが12っていう幅の長さになるんですけれども 01:33:34 - 01:33:39: 今回ですね最初のこの a と b に関しては数値ではなくてまぁ企業コードとかっ 01:33:39 - 01:33:44: て書いてあったりするのでまぁここは10こっちは18位とかっていう風に設定したい 01:33:45 - 01:33:46: その場合眞館 01:33:46 - 01:33:49: んですねこのウィルス 01:33:49 - 01:33:55: u 0番目に対して10そしてウイルスの1番目 01:33:55 - 01:34:00: この0番目がここ一番目が保護なので1番目を18とかという風に設定しておき 01:34:01 - 01:34:05: そのように設定することでこのように幅の長さを保った 01:34:05 - 01:34:09: リストっていうのを作成することができました 01:34:09 - 01:34:13: ということで文字列とその幅っていうのを準備することができたのでこれで辞書がた 01:34:13 - 01:34:16: オブジェクトを生成していきたいとおもいます 01:34:16 - 01:34:20: どのように節制するかというと例えばですけれども 01:34:20 - 01:34:26: ウィルスビブスあなんですかねプリファレンスイースターしておきましょうかこのよう 01:34:26 - 01:34:28: に自信を持ってるんですが 01:34:28 - 01:34:34: た遠いもんですね出荷先にへとパパっと4分書いてしまいますがどういった意味なのか 01:34:34 - 01:34:36: 今からお伝えしていきます 01:34:36 - 01:34:45: 4起こるウィルスジップで御留守のウィルスとしてください 01:34:45 - 01:34:50: でこのようにしてあげるとそれぞれまあ何が入っているかというのはみなさんわかると 01:34:50 - 01:34:51: 思うのですが 01:34:51 - 01:34:56: 表示してみましょうビジプって皆さんご存知でしょうか多くの方分かってると思うん 01:34:56 - 01:34:59: ですけどジップは複数のリストから 01:34:59 - 01:35:03: 要素を同人取得したい場合に使用しますつまりこれは 01:35:03 - 01:35:05: フォルずっと身ですから一個一個 01:35:05 - 01:35:09: 要素をとってきて来るそしてビルスに入れてくれているわけです 01:35:09 - 01:35:14: なので a b c d t のが頃に入りそれに対応する幅の長さというのが 01:35:15 - 01:35:18: ジュージュー82っていうのがこの美術に入る形です 01:35:18 - 01:35:22: なぜこの2つをうまく使って辞書方を生成していけばいいわけなんですよね 01:35:22 - 01:35:25: 受賞方の生成というのはまあ皆さんもご存知の通り 01:35:25 - 01:35:31: なんかこういうふうに視覚格好でここにキーをかえって=値を書くっていうやり方 01:35:31 - 01:35:35: 皆さんご存知かと思うんですけれどもこのやり方でもいいんですけれども 01:35:35 - 01:35:39: 今回はですねアップデートというメソッドを使ってやりたいと思いますまあこういう 01:35:39 - 01:35:40: 表現の幅 01:35:40 - 01:35:44: 実装の幅ってのみなさんにちょっと増やしていただきたいなと思っております 01:35:44 - 01:35:45: 江戸内にあるかというと 01:35:48 - 01:35:49: follow ん 01:35:49 - 01:35:54: ビルスッとしてあげるとこの辞書方を入れてアップデートというメソッドを使用すると 01:35:54 - 01:35:59: 3ディスプリファレンス is というものにアップデートされてこの辞書が追加さ 01:35:59 - 01:36:01: れるような形となります 01:36:01 - 01:36:06: ではですねまぁ百聞は一見にしかずということで実装して実行して中身を見ていきたい 01:36:06 - 01:36:08: と思いますはい 01:36:08 - 01:36:09: このような形の 01:36:09 - 01:36:10: ありました 01:36:10 - 01:36:18: というのは中そして b は18 c は12というふうに先ほど用意したビールスと 01:36:18 - 01:36:23: コールズを使って実装してあげることができたわけなんですよねいかがでしょうか 01:36:23 - 01:36:29: このようにですねあの頃ずってそもそもアレよ考えたら別に 01:36:29 - 01:36:32: 辞書じゃないじゃんと思うかもしれないんですけど自称じゃなくてリストじゃない 01:36:32 - 01:36:37: じゃんと思うかもしれないんですけれども実は封印を使ってあげることで 01:36:37 - 01:36:40: これで一文字ずつですね取得してくることができるんですよ 01:36:40 - 01:36:45: abcd だからですね先ほどリストにはあえてせずそのまま文字列にしていたわけ 01:36:46 - 01:36:49: 実は4部もこの文字列に対しても適用する 01:36:49 - 01:36:53: ことができて文字列を員の後ろこの頃ずところに使用してあげると 01:36:53 - 01:36:59: まあ in 文字列としてあげると1個ずつ文字列を取得してくることができるわけな 01:36:59 - 01:37:00: んですよねはい 01:37:00 - 01:37:04: っていうのをうまく工夫してこのようにビルスプリファレンス is という長さを 01:37:04 - 01:37:06: 持ったものを 01:37:06 - 01:37:09: 辞書型で作成することができましたいかがでしょうか 01:37:09 - 01:37:15: じゃあこのですね自称方を用いて各列の幅を実践変更していきたいとおもいます 01:37:15 - 01:37:19: までですね自称方を作成しただけなので変更まで行なっていきたいとおもいます 01:37:19 - 01:37:22: まずはですね a 列の民横幅変更させてみたいと思います 01:37:22 - 01:37:26: これ開いているとおそらくちょっとあのうまく適応できなかったりするかもしれない 01:37:26 - 01:37:29: んで一回閉じます 01:37:29 - 01:37:33: でそうしたらですねでしょ 01:37:33 - 01:37:35: コール例えばですけれども 01:37:35 - 01:37:41: 変更したい列名起こるネームという変数に入れてやっていきますが 01:37:41 - 01:37:44: sh シートの中のカラー6 01:37:44 - 01:37:49: ディメンジョンズトゥのがありますここにコール姉も入れてあげましょう 01:37:49 - 01:37:53: これはどういうことかというとこの a 列に対して何かを変化させますよっていう 01:37:53 - 01:37:53: 意味です 01:37:53 - 01:37:55: 何も変化させるかというと横幅がの 01:37:55 - 01:37:59: ビルスを変化させましょうという風にしてあげます 01:37:59 - 01:38:01: でこれに対して 01:38:01 - 01:38:05: 今回は a 列に対して提供したいのは a 01:38:05 - 01:38:10: ずっと10という数字ですがこれはもう3ディスプリファレンスシーズという辞書方に 01:38:10 - 01:38:14: 入っているのでここにポルネームを入れてあげればいいですよね 01:38:14 - 01:38:18: ウィルス preferences いい頭の中残る name つまり a という 01:38:18 - 01:38:19: のは 01:38:19 - 01:38:22: x の値を取得してくることができるのでその 01:38:22 - 01:38:25: ジュークという値をこの 01:38:25 - 01:38:29: a 列のウィルスに適用しますよったらこの一行で書くことができます 01:38:29 - 01:38:33: このようにしましょうこのようにすることでまぁおそらく変化が加わっているかと思い 01:38:33 - 01:38:38: ますもうちょっといじ開くと時間かかってしまうので一旦するしますがいったんこれが 01:38:38 - 01:38:40: ですねこの a 列のみに適用した場合です 01:38:40 - 01:38:45: じゃあ a から横列までで起用したい場合どうするかというとこれまたフォーム 01:38:45 - 01:38:49: を用います特に難しくはなくて 01:38:49 - 01:38:53: ここで例えばですけれども4 01:38:53 - 01:38:57: ポル name in 01:38:57 - 01:39:01: ウィルスプリファーレーン水 z してあげましょう 01:39:01 - 01:39:05: このようにすることで皆さん見ドスッとリファレンス is これは8時生姜たら入っ 01:39:05 - 01:39:10: ていっていいんで何を取ることができるかというとこの中にキーが入りますつまり a 01:39:10 - 01:39:15: b c d e というのがこの中に入るのでここを消してあげてこれを中に入れて 01:39:15 - 01:39:17: あげればいいのわかりますかね 01:39:17 - 01:39:21: つまりウィルスプリファレンス伊豆の中からつまりこの辞書方から一個一個キーを 01:39:22 - 01:39:29: 取り出してそのキーの横幅を指定しますよという防具を作ることができるわけです 01:39:29 - 01:39:32: よろしいでしょうかこのようにまあこれ自体は簡単なんですけれども 01:39:32 - 01:39:36: 1個実装してしまえば1つだけで起用してしまえばすべてで提供するというのは非常に 01:39:36 - 01:39:37: 簡単だったりし 01:39:37 - 01:39:42: ますこれで実行しましょうでですねちゃんとエクセルの幅 01:39:42 - 01:39:48: 変わっているかというのはこちら確認したいと思いますでは見てみましょう 01:39:48 - 01:39:51: このアウトプットではなくこの resource is ところですね 01:39:51 - 01:39:55: こちらを見てみましょう 01:39:56 - 01:40:00: のようにまだ変更が適用されていないみたいですね 01:40:00 - 01:40:05: 少々お待ちくださいこの部分のエッグせるの 01:40:05 - 01:40:08: なもんで 01:40:08 - 01:40:14: このようにしてあげたらおそらく変更がかかると思うのですが 01:40:14 - 01:40:18: source is 01:40:18 - 01:40:25: なぜか変更がかかっていないみたいなので少々お待ちください 01:40:25 - 01:40:28: あすいませ保存していないからかかっていないんですね 01:40:28 - 01:40:32: あの特に今これ保存していなかったので変更はかかっていません 01:40:32 - 01:40:35: なので wb . 01:40:35 - 01:40:40: まあ西武みたいな形でしてあげれば 01:40:40 - 01:40:48: 第11保存するのもアレなんですけれども保存してあげるとここをみてあげると 01:40:48 - 01:40:52: このように変更が加わっています少し焦りましたが 01:40:52 - 01:40:56: 保存しないとこのパイ参上で今変更が加わっているだけなので 01:40:56 - 01:40:59: excel 自体には何も反映されていない状況となります 01:40:59 - 01:41:03: 私今今回見たんですね先ほどの excel 省略されていた部分というのがしっかり 01:41:03 - 01:41:08: 表示されているのでこのカラム幅というのが調整されているのがわかるかと思います 01:41:08 - 01:41:13: 今後ですねちょっと11あの表示するのめんどくさいので保存は最後の最後で行いたい 01:41:13 - 01:41:18: と思いますがひとまずしっかり反映されているたのを確認することができました 01:41:18 - 01:41:25: なぜここまでがカラム幅の調整です次ですね行幅の調整に入っていきたいとおもいます 01:41:25 - 01:41:32: それではカラム幅等調整ができたので次は行方向の幅の調整つまり行法この高さの調整 01:41:32 - 01:41:33: を行っていきます 01:41:33 - 01:41:38: 各行の幅をですね今回は18に設定したいと思います 01:41:38 - 01:41:41: 例えばなんですけどもに業務の幅を指定する場合のコードというのはどのようにかかっ 01:41:41 - 01:41:44: てのちょっと先にコードだけお見せしておきます 01:41:44 - 01:41:45: このように書きますさ 01:41:45 - 01:41:51: 強度とほぼ同じです特定のマーシーと乗ろうディメンジョンでつまり業のこの2行目の 01:41:51 - 01:41:56: 高さを変更します18にっていう風に書いてあげればいいわけなんですよね 01:41:56 - 01:42:02: 先ほどはこのカラー6の横幅をこれに設定しますよって書いたのと同じような書き方で 01:42:02 - 01:42:04: 実装することができます 01:42:04 - 01:42:05: なのでこれをですねボーボー 01:42:05 - 01:42:09: オーマンして各行の幅体の調整していきたいと思っています 01:42:09 - 01:42:14: またですねかつセルの値のフォーマットっていうのもちょっと指定したいと思います 01:42:14 - 01:42:20: フォーマットということで今せる実際にこれ3桁ごとにカンマ区切りになっていって 01:42:20 - 01:42:21: 小数点以下に 01:42:21 - 01:42:26: 切り捨てっていうふうにしっかりなっているんですけれどもこれもすでにまあ表示され 01:42:26 - 01:42:30: ているフォーマットでいいんですけれどもこのフォーマットってどうなるんですね設定 01:42:30 - 01:42:33: を行うのかというところもちゃんと見ていきたいなと思っています 01:42:33 - 01:42:38: 実際にはか幕気になっていないデータとかもたくさんあったりするのでその場合3桁 01:42:38 - 01:42:40: 区切りとかにする場合にはどうしたらいいのかたところも 01:42:40 - 01:42:41: 順を追って見ていければ 01:42:41 - 01:42:45: と思っていますということで早速ですねずらーっと帰って行きたいと思いますので 01:42:45 - 01:42:48: ジュピターローもジュピターのと僕準備してください 01:42:48 - 01:42:53: では行きましょうまずですねリストとリストダーク業と列ですね一個一個見ていきたい 01:42:53 - 01:42:54: んですけれども 01:42:54 - 01:43:00: 今回行まず見てその後列を見てっていう風にしていきますややこしいんですけれども 01:43:00 - 01:43:01: このエクセルのタイプ 01:43:01 - 01:43:06: が使っていく上ではですねこっから9フォーマット一気に変更したいみたいなできない 01:43:06 - 01:43:07: んですよ 01:43:07 - 01:43:11: つまりあの一個一個せる見てってここを書いてここを変えてここを変えてっていうふう 01:43:11 - 01:43:15: に4分で回していかないといけないですねこれがちょっとややこしいなっていう点です 01:43:15 - 01:43:21: なので基本的には1行ずつ1行ずつ見ていってその中で 01:43:21 - 01:43:28: 1行ずつの中でも1列ずつ見ていくというふうにまあ一個一個のセルを順にですね某本 01:43:28 - 01:43:31: を使ってみていくしかないというところちょっと押さえておいていただければと思い 01:43:31 - 01:43:36: 4分もですね慣れればほぼほぼ早的なものを使っていけるのでまずはですねどのように 01:43:36 - 01:43:38: 防蚊帰っていくかってところも含めて見ていきましょう 01:43:38 - 01:43:44: をまずシートのまず行ですね見ていきたい場合っていうのはそもそも行数がどれぐらい 01:43:44 - 01:43:46: あるかっていうのを確認するべきだと思うんですよね 01:43:46 - 01:43:51: ここはですねまっくすろーとしてあげればよくてこれがまあ11がありますよっていう 01:43:51 - 01:43:52: のがわかります 01:43:52 - 01:43:57: 今回ですねどこからどこまで見ていきたいかというとこの一番上は一旦置いておいて 01:43:58 - 01:44:02: 2行目から11行目までを見ていきたいので 01:44:02 - 01:44:05: にから11までの数値が入ったリストを作成したいです 01:44:05 - 01:44:11: その場合にはどのようにするかというとここでレンジ 01:44:13 - 01:44:16: ここのマーニーとしましょう2冠馬としてあげます 01:44:16 - 01:44:21: このようにするとにから11と書いてあるんですけれどもこれリストで表示してあげる 01:44:22 - 01:44:27: 実際にはにから10までの数値を表示してくれているわけですまあ配列に入れていく 01:44:27 - 01:44:31: リストに入れてくれているわけなんですけれども今回先ほどお伝えしたいにから11 01:44:31 - 01:44:33: までの値が入ったり 01:44:33 - 01:44:39: 須藤を作成したいので sh . max ロー+1としてあげると 01:44:39 - 01:44:42: にから11までのリストを作成することができます 01:44:42 - 01:44:44: これがですね 01:44:44 - 01:44:48: 行を4船マッサーに必要なレンジになります 01:44:50 - 01:44:56: 列に関しても見ていきましょう列も同様に列は 01:44:56 - 01:44:59: 今回は83行目3列目ですね 01:44:59 - 01:45:05: ここは不要で3列目から15列目までを見ていきたいので 01:45:05 - 01:45:08: さんから十五亭の表示したいですその場合には 01:45:08 - 01:45:14: さんから max ローではなくマックスカラー6のプラス1とすることで 01:45:14 - 01:45:16: さんから15な 01:45:16 - 01:45:19: 第入った this ドっていうのを作成することができます 01:45:19 - 01:45:24: ということでこれらのこの恋情をなく使って for 文を書いていきたいとおもい 01:45:27 - 01:45:35: 4をまず藍井犬レンジとしてあげますがこのレンジまず業から見ていくのでこのリスト 01:45:35 - 01:45:40: を除いたこちらですねこれを書いてあげましょう 01:45:40 - 01:45:45: で一旦愛をプリント表示してあげるとにから11がこの愛に入っている打ったのが 01:45:47 - 01:45:49: たらこれがいわゆる 01:45:49 - 01:45:54: i 行目になるんですけれども営業目から順に 01:45:54 - 01:45:58: 見ていきここがいわゆる 01:45:58 - 01:45:59: まあ業 01:45:59 - 01:46:06: 1行ずつ確認していくような形でその中に一個一個列を順番に見ていきたいので 01:46:06 - 01:46:12: 4 j デューンレンジ 01:46:12 - 01:46:17: このようにしてあげることで1列ずつ見てあげることができます 01:46:18 - 01:46:23: ここは大丈夫ですかね先ほどもお伝えしたようにイメージとしては一見をとっていき 01:46:23 - 01:46:25: ますでその中の1列ずつ 01:46:25 - 01:46:31: こうやって見てあげるって次の行を取りますこの中から1列ずつ見ていくったような形 01:46:31 - 01:46:34: になりますので二重の for 文を書いていくような形です 01:46:34 - 01:46:38: で1行ずつ処理したいものっていうのは何があるかっていうところ 01:46:38 - 01:46:42: なんですけれども先ほどお伝えしたように1行ずつ何か書いていきたいものとしては 01:46:42 - 01:46:46: この高さというのを買いたいですっていうのを先ほどお伝えしました 01:46:46 - 01:46:49: なんだこの高さを変えるコードというのはここに書いてあげます 01:46:49 - 01:46:54: 1行ずつ処理させるものとして高さを書いていくのでそれが 01:46:54 - 01:47:00: こちらです sh シートの特定の行の高さを18に変更しますよ 01:47:00 - 01:47:04: これは2行目となっていますけれどもすべての行に適応したいので 01:47:04 - 01:47:10: i 行目としてあげればいいかなと思いますこれは2行目から11行目の高さを18に 01:47:10 - 01:47:12: 設定したいわけですね 01:47:12 - 01:47:14: はいこれでよろしいでしょうか 01:47:14 - 01:47:17: で次ちゃ1列ずつ何して怒ったところなんですけれども 01:47:17 - 01:47:21: 特定のセルのフォーマットを買いたいそういった場合にドライにするかってのお伝えし 01:47:22 - 01:47:27: 特定のセルのフォーマットを買いたい場合は se 一度とセールとします 01:47:27 - 01:47:31: でこの中でまずどのセルに対してで使っての指定する必要があります 01:47:31 - 01:47:34: どのセルですかっていうのはまず愛 01:47:35 - 01:47:41: j 列目なのでカラー6に j を入れてローに愛を入れますそうするとどのせるかと 01:47:41 - 01:47:44: いうのはこれで指定することができます 01:47:44 - 01:47:48: でそれに対して数値のフォーマットを買いたい場合は 01:47:48 - 01:47:55: . no.アンダーバーフォーマットというのを用意しますこれでセルの数値の 01:47:55 - 01:47:59: を形式通知の表示形式っていうのを変えることができるわけです 01:47:59 - 01:48:04: どのように書くかというとちょっとまず先にかけます#冠馬 01:48:04 - 01:48:07: シャープ sharp 0と書いてくださいよろしいでしょうか 01:48:07 - 01:48:11: これ何意味しているかと言うとまず2つに分けます 01:48:11 - 01:48:14: このシャープ幹部シャープ sharp この部分で 01:48:14 - 01:48:17: 産業ごとにカンマ釘しますよというのを意味しています 01:48:17 - 01:48:23: そしてこのゼロの部分というのは小数点以下を表示しないという意味になります 01:48:23 - 01:48:24: これで自 01:48:24 - 01:48:28: たフォーマットをまぁ既にこうなっていいわいるんですけれどもこの絵と同じような 01:48:28 - 01:48:31: 数値のフォーマットってのを指定することができます 01:48:31 - 01:48:36: 非常に簡単ですよんですねもう一個ですねちょっとあの組み合わせたいと思います 01:48:36 - 01:48:38: 最後の列 01:48:38 - 01:48:43: この年間売上のところあるじゃないですかこれって最終列って年間の売上高なのでこの 01:48:43 - 01:48:46: 部分は太字にしておきたいなと思っています 01:48:46 - 01:48:52: まだこの二分太字にする方法も今からお伝えしていきますがこの最終別の3 01:48:52 - 01:48:56: 何か適用したいので if 文で j 01:48:56 - 01:49:02: これ列を示す j ですね j 列目っていうのが最終列つまり sh . max 01:49:02 - 01:49:09: 絡むの場合一定糖分を使用しますここは最初 01:49:09 - 01:49:12: 列も未適用します 01:49:12 - 01:49:17: 何をするかというと先ほどと同様にせるの何かを書いてあげたいんですけれども 01:49:17 - 01:49:22: sh .せるでローは 01:49:22 - 01:49:25: 第行目そして 01:49:25 - 01:49:30: カラー6というのは ja で爪という風にしてあげます 01:49:30 - 01:49:34: でこれの太字にしたい場合はフォントというのを設定します 01:49:34 - 01:49:40: 本当に対して先ほど実はインポートしていたフォントクラスのボールドっていうのを 01:49:40 - 01:49:44: 引数に入れてあげれば実は良いですこれで完成です 01:49:44 - 01:49:50: シートのセールのフォントを変更しますよでポンとクラスを用いてボールド= true 01:49:50 - 01:49:54: としてあげれば太字に変更することが実はできるんです 01:49:54 - 01:49:59: はいということでこれを実行しましょうそうするとエラーが起きてしまいましたが 01:49:59 - 01:50:03: worksheet オブジェクトはずのあたりビューと dimensions と 01:50:03 - 01:50:04: 書いてあります 01:50:04 - 01:50:08: これがロー dimensions っていうのがないよって起きているのでここを 01:50:08 - 01:50:12: ちょっと確認していきたいと思いますがディミーア 01:50:12 - 01:50:15: そうですね打ち間違いでした dimensions としてあげるとエラー起こらず 01:50:15 - 01:50:17: しっかり実行することができました 01:50:17 - 01:50:22: これですねえぇも先ほどお伝えしたような行幅の調整そして 01:50:22 - 01:50:27: 数値のフォーマットかつ太字に変更というところを実装することができました 01:50:27 - 01:50:32: 保存してですねまた確認してあげるといいかなと思いますが細いですね私の 01:50:32 - 01:50:35: 講座内では最後まとめて全部確認したいと思います 01:50:35 - 01:50:40: ということで行ったんですねここまでが行幅の調整です次はヘッダーのフォントの調整 01:50:43 - 01:50:47: それでは続きましてへた一行の書式設定を行いたいと思います 01:50:47 - 01:50:52: やまずかけながら説明していきたいとおもいますまず点数でまぁ編成でいいんです 01:50:52 - 01:50:55: けれどもヘッダーセルの色をちょっと指定したいと思います 01:50:55 - 01:51:01: タイトルアンダーバーセールまあカラーとかにしておきましょうか 01:51:01 - 01:51:06: 定数でですねあの表現したい時にはよく大文字で表記します python では 01:51:06 - 01:51:11: でこれはですねまぁ例えばですけれども808080というフォントカラーで指定し 01:51:12 - 01:51:18: そしたらですねフォントをですね作成しましょうということでフォント 01:51:18 - 01:51:22: ヘッダーとしましょうココアまあセールの色ですこれセルの色です 01:51:22 - 01:51:28: でここはフォントテキストの色とかを設定していきますがここでフォントヘッダーと 01:51:28 - 01:51:33: いうことでフォントクラスを用いますこの中に色々と設定を書くんですけれども 01:51:33 - 01:51:38: ネームっとしてあげましょうここに書くのは何を書くかというと 01:51:38 - 01:51:42: 訂正覚悟としましょう各 01:51:42 - 01:51:48: 角度としてほしクックとしてあげればいいんですけれどもこれでほんとも指定を行い 01:51:49 - 01:51:53: 覚悟ハイフンの w 子としてください 01:51:53 - 01:51:57: w 誰も大文字ですかねこれでフォントを指定します 01:51:57 - 01:52:02: 他にも色々本とあるのでぜひ見てみてくださいそしてフォントの大きさをサイズで指定 01:52:04 - 01:52:07: でまぁ一番上のヘッダーなのでボールド 01:52:07 - 01:52:12: 太字にしたいと思いますということでボールド true としてもう一個 01:52:12 - 01:52:13: カラーですね 01:52:13 - 01:52:17: カラーを指定しましょうこれを吸う f 01:52:20 - 01:52:24: としてあげれば良いかと思いますこれでいけるかと思います 01:52:24 - 01:52:27: これでまず準備を上でしていますタイトルのせる 01:52:27 - 01:52:32: マーセルのカラーとフォントを設定してあとは1列ずつ 01:52:32 - 01:52:39: あの子の値をこう1個ずつ横に見ていけばいいので4分で回してあげればいいですこの 01:52:39 - 01:52:40: 4分は先ほど 01:52:40 - 01:52:44: トッドまあほぼ同じなんですけれども 01:52:44 - 01:52:50: 今回デート1から15まで4回したいので一かんまえすえいちどと 01:52:52 - 01:52:56: カラー6+1としてあげればいいんですよねこの皆さん大丈夫ですかね 01:52:56 - 01:53:01: ここで1列ずつとってくるときにこれはさんから15までとっていきたい時のレンジの 01:53:01 - 01:53:02: 書き方でした 01:53:02 - 01:53:06: 今回は1列目から15列目までをとっていきたいので 01:53:06 - 01:53:10: 1館前生地マックスカラーは+イチっとしています 01:53:10 - 01:53:12: これで1列ずつとってくることができるの 01:53:12 - 01:53:15: でここに対して sh せる 01:53:15 - 01:53:20: セールをとっていきますよで行数は固定で1合目ですよね 01:53:20 - 01:53:24: 行数は固定で1行目です変わるのは列です 01:53:24 - 01:53:26: なのでカラー6に 01:53:26 - 01:53:33: ここにまあ it 入れてあげましょうそうすると愛が123しゴット変わる中で行数 01:53:33 - 01:53:36: は固定でまぁ横一列 01:53:37 - 01:53:40: アート横1行を見てあげるってことができるわけです 01:53:40 - 01:53:45: これはですねシェールというふうにインスタンス名で定義しておきますここですね 01:53:45 - 01:53:47: セールとしておきます 01:53:47 - 01:53:51: これでまずせるの場所をここで指定しています 01:53:51 - 01:53:56: これに対して3つほど書式の設定を行えば完了というわけですね 01:53:56 - 01:53:57: どのように行うかという 01:53:57 - 01:54:01: とせる度とフィールとしてください 01:54:01 - 01:54:04: せる. feel 01:54:04 - 01:54:10: としましょうでここで8セルの塗りつぶしを行いますね立部署を行いたい場合にはこの 01:54:10 - 01:54:12: せる.フィール2パターン 01:54:12 - 01:54:17: 実はこれも最初に読み込んでいたんですけれどもパターンフィールっていうのを使用し 01:54:17 - 01:54:23: パターフィールって言うのでパターン 01:54:23 - 01:54:27: タイプというのがありますがこれをソリッドにしてください塗りつぶしのまあ形式 01:54:27 - 01:54:31: タイプを意味するんですけどまぁ通常の何かたソリッドしておけば問題ないです 01:54:31 - 01:54:33: でへ封じ 01:54:33 - 01:54:35: カラーと 01:54:35 - 01:54:39: してあげるとカラーを設定することができますここで 01:54:39 - 01:54:43: タイトルシェルカラーとしてあげると先ほど指定した 01:54:43 - 01:54:49: このセルのカラーをここに入れることができますこの一行でセルの塗りつぶしの色を 01:54:49 - 01:54:50: 指定することができます 01:54:50 - 01:54:56: そしてアライメントで次セールの文字列の配置場所を指定することができます 01:54:56 - 01:55:00: せる度とアライア 01:55:02 - 01:55:06: 予測変換でてこないんですけれどもアライメント= 01:55:06 - 01:55:12: これも最初にを見込んだアライメントで 01:55:12 - 01:55:16: 堀ずんたるのセンター中央揃えにしましょう 01:55:17 - 01:55:22: だーにしてあげましょうこれでまあどこ揃いなのかっていう文字列の配置場所を指定 01:55:22 - 01:55:24: することができます 01:55:24 - 01:55:29: でこれでまあ水平方向の文字列の配置場所を中央とすることができました 01:55:29 - 01:55:36: あと最後せるのフォントを設定するべくてこれは先ほど上で設定した本とヘッダーての 01:55:36 - 01:55:36: 会レポ 01:55:36 - 01:55:43: あげればいいわけですなので塗りつぶし中央に配置水平方向で中央に配置 01:55:43 - 01:55:48: そしてフォントの設定ての実行してあげましょうこのようにすることでヘッダーの 01:55:48 - 01:55:52: フォントを調整することができました保存してないので反映はされていませんっていう 01:55:52 - 01:55:54: ことでほとんど終わってきたんですけども 01:55:54 - 01:55:57: 次ですねボーダーですね枠線の 01:55:57 - 01:56:00: 設定をしていきたいとおもいます 01:56:00 - 01:56:04: それでは各セルの境界線に修正を加えていきたいとおもいます 01:56:04 - 01:56:07: では先ほどまでと同じような流れでサクッと進めていきたいとおもいます 01:56:07 - 01:56:13: まずその境界線のですね設定を行うには再度というクラスを用いますこれも最初の方に 01:56:13 - 01:56:14: インポートしています 01:56:14 - 01:56:19: このサイドの引数にず耐えるということでどういう境界線を引くかっていうのを指定 01:56:19 - 01:56:20: することができるので 01:56:20 - 01:56:23: 菅今回細い先進にしておきましょう 01:56:23 - 01:56:28: でからどういう色でつけますかというところがあるんですがこれはまあ適当に00 01:56:28 - 01:56:34: 00とかにしておきましょうそしたらこれを再度というインスタンス名で入れておき 01:56:34 - 01:56:38: そしたらですねつぎボーダーていうのを指定しますボーダーということでまぁここで 01:56:38 - 01:56:40: 境界線の設定を子 01:56:40 - 01:56:44: やってるんですけれども境界線といっても上下左右4つ 01:56:44 - 01:56:49: 4カ所あるわけですよねそれぞれにどういった線を引くのかっていうのをこのボーダー 01:56:49 - 01:56:50: で指定します 01:56:50 - 01:56:54: 今回は上下左右すべて同じでいいのでレフトにはこのサイド 01:56:54 - 01:56:57: 上で設定したものを指定してそして 01:56:57 - 01:57:00: ライト右にもこの上で指定したものを 01:57:00 - 01:57:08: 設定して上げてトップ上にも同様にこのサイドで指定したものを上げてボトム 01:57:08 - 01:57:12: 下に関してもサイドで指定したものを設定してあげます 01:57:12 - 01:57:17: これをボーダーというインスタンスで定義しておきましょう 01:57:17 - 01:57:20: そしたら一つ一つのセールのボーダーを書いてあげればいいのでこれも 01:57:20 - 01:57:28: 4すべてですね今回はすべての行全ての列に適用したいので f 4 01:57:28 - 01:57:35: loan in sa 1としてあげますそうすれどシートの中から1個1個 01:57:35 - 01:57:39: このように製ロードってきてくることができませんセルをまあ行ですねまぁ1個一方 01:57:39 - 01:57:43: シート中から1行ずつとってくることができるので 01:57:43 - 01:57:47: またこの行をとってきたら業からせるを一個一個取っていきますそれが 01:57:47 - 01:57:54: セールインローとしてあげるとローから一個一個せるをとっていきますよという意味に 01:57:54 - 01:57:55: なるのでこの 01:57:55 - 01:57:58: のように愛せるを取得してくることができます 01:57:58 - 01:58:03: このようにピンポイントでですね先ほどみたいに特定の行とかそういうのを行わない 01:58:03 - 01:58:08: 限りは全てのセルに対して何かを提供したい場合にはこのようにシートから市へと 01:58:08 - 01:58:10: すべての行を取ってきて 01:58:10 - 01:58:14: そして業から一個一個セロを取得するという書き方がまあシンプルでいいかなと思い 01:58:15 - 01:58:21: ですこのように全てのセルを取ってくることができたな 01:58:21 - 01:58:25: ここに対してセール not ボーダーとしてあげましょう 01:58:25 - 01:58:30: このボーダーというせるドットボーダーというプロパティがあるのでせるドット 01:58:30 - 01:58:36: ボーダーに対してこの上で指定したインスタンスを設定してあげれば ok なわけ 01:58:37 - 01:58:41: 入ったったこれだけで境界線を設定することができました 01:58:41 - 01:58:44: ですねえとまぁこのままでもいいんですけれどもせっかくならですね 01:58:44 - 01:58:48: 各行ま行と列の固定も行いたいと思います 01:58:48 - 01:58:54: どういうことかというとこの上の1行 met a b 列は固定してこの部分が可動 01:58:54 - 01:58:59: するような変動するような形にしたいと思います皆さんもよくやってると思うんです 01:58:59 - 01:59:01: 業と列の固定というところ 01:59:01 - 01:59:06: を実際に行いたいと思いますで行と列を固定するにあたってどこから動くかっていうの 01:59:06 - 01:59:12: を指定する必要があるんですけれどもそれがですね今回はこの c にっていうせる 01:59:13 - 01:59:18: したと右川業と列の部分は動いてもいいという形にしたいのでこの c にっていうの 01:59:18 - 01:59:19: がキーポイント 01:59:19 - 01:59:24: まあなるんだったところを押さえておいてくださいどういうことかというとですね 01:59:24 - 01:59:27: これも非常に簡単なんですよ sh 怒涛 01:59:27 - 01:59:31: フリーズペインズっていうのがあるんですね 01:59:31 - 01:59:34: これで c にっていうの設定してあげます 01:59:34 - 01:59:39: これをしてあげることで9えっ上の部分っていうのが布袋されます 01:59:39 - 01:59:44: たったこれだけなんですよねこの c にまでの業と列が固定されるって 01:59:44 - 01:59:48: いうのがこれを実装することで簡単にできるわけなんです 01:59:48 - 01:59:50: はい実行してみましょう 01:59:50 - 01:59:53: はい保存されていないので変更を加えてないですけれども 01:59:53 - 01:59:58: 実際ですねもう一通りの流れを実装することができたのでそろそろですねこれを保存し 02:00:00 - 02:00:02: では行きましょうファイル 02:00:02 - 02:00:07: pass new file path としておきましょうかこれを 02:00:07 - 02:00:09: まあ仮にですけれども 02:00:09 - 02:00:14: output ってフォルダに入れたいと思いますでこれも企業別 02:00:14 - 02:00:17: 企業別年間繰り上げ 02:00:20 - 02:00:24: you say もっと excel としてあげましょう 02:00:24 - 02:00:32: で wb 今まで色々設定してきたものを保存しますよということでこの new 02:00:32 - 02:00:37: あんなはファイルパスに保存してあげましょうこのようにしてあげることで 02:00:37 - 02:00:41: このもともとの総数は変わらないんですけれどもこのアウトプットしたところがこの 02:00:41 - 02:00:47: 企業別年間売上表修正っていうのがしっかりとアウトプット結果として表示されていれ 02:00:47 - 02:00:49: ば成功です 02:00:49 - 02:00:51: では見てみましょう 02:00:51 - 02:00:55: はいこのようになっていますいかがでしょうか 02:00:55 - 02:00:59: これがあの先ほどズラズラズラと設定してきた部分になります 02:00:59 - 02:01:05: このようにしっかりと入った変わってますしすべての行に対しては苦戦が適用されてい 02:01:05 - 02:01:06: ますし 02:01:06 - 02:01:09: 最後の列に関しては太字になっていますし 02:01:09 - 02:01:11: 腰にを境にほら 02:01:11 - 02:01:16: こうやって法定されていますよねということでこの固定っていうのもこちらで実装する 02:01:16 - 02:01:18: ことができていたわけなんですよね 02:01:18 - 02:01:22: はいいかがでしょうかということでいままで設定してきた内容を実際に見てみると 02:01:22 - 02:01:26: しっかり反映されているってのが分かったかと思います 02:01:26 - 02:01:30: でまぁこれで最後だもいいんですけどもせっかくならファイルを pdf 出力すると 02:01:30 - 02:01:31: いうところまで行って 02:01:31 - 02:01:37: いきたいと思うので pdf 出力して終わりにしたいと思います 02:01:37 - 02:01:41: では最後に作成したエクセルファイルを pdf 出力しましょう 02:01:41 - 02:01:45: ただしですね今回はざっくりと大まかな部分のみを伝えしていきます 02:01:45 - 02:01:51: というのも本来であればオープンパイエクセル内に pdf 出力の機能が用意されて 02:01:51 - 02:01:56: いればいいんですけれども実際にはそうではなくその機能がないので別のパイソン 02:01:57 - 02:02:02: やるレポートラボというものを使いますただ残念ながらレポートラボではせっかく 02:02:02 - 02:02:07: 先ほど設定した書式情報というのをゼロから設定する必要があるため 02:02:07 - 02:02:12: 正直レポート love を用いるのであればまあここの部分は手作業で行う 02:02:12 - 02:02:16: もしくはパイオート gui などの gui ベースで自動化できるような 02:02:16 - 02:02:17: ライブラリをもう 02:02:17 - 02:02:20: 陥るのが手間が少ないかなと思います 02:02:20 - 02:02:24: またこれちょっとした余談ですがオープンパー xl と同じエクセル操作を行う 02:02:24 - 02:02:26: パイソンライブラリーに 02:02:26 - 02:02:32: xl wings というものがありますこれはですね有料版であればあのパン出す 02:02:32 - 02:02:37: みたいにアボット2 pdf とするだけで pdf 出力できてしまうよう 02:02:37 - 02:02:40: のメソッドも用意されているので今後ですね 02:02:40 - 02:02:45: あのこの作業というのが重要つまり pdf 出力の部分をより効率良くしていきた 02:02:45 - 02:02:50: いっていうのであればこの xl wings の有料版を使うのもアリかと思います 02:02:50 - 02:02:52: 確か月額で 02:02:52 - 02:02:57: どれが一番が10万語で結構かかった気がするのでここは要検討する必要があるかなと 02:02:58 - 02:03:03: この pdf 出力の部分は先ほども最初の手作業でもできる部分なのでわざわざここ 02:03:03 - 02:03:06: まで自動化する必要はないかなったのは思っています 02:03:06 - 02:03:10: 今回ですね一応レポートラボっていうのを使うとまぁ pdf 出力できますよという 02:03:10 - 02:03:12: ことでとりあえず本講座では 02:03:12 - 02:03:17: このレポート等分で機能を実装していきますが大悪の女お伝えしていきたいのでゼロ 02:03:17 - 02:03:20: からあのコードを一個一個説明していくようなことはしません 02:03:20 - 02:03:24: ということでまぁ最後ですね pdf 出力の部分やっていきたいとおもいます 02:03:24 - 02:03:26: ではまずリップ 02:03:31 - 02:03:35: ラボというのをインストールしておきましょう 02:03:35 - 02:03:38: でそうしたらインストールできたらですね必要なモジュールを読み込めますが今回も 02:03:38 - 02:03:41: そのままですねへコピーしたいと思います 02:03:41 - 02:03:46: こちらまず必要ですでこちらですね 02:03:46 - 02:03:49: pdf を出力する関数を 02:03:49 - 02:03:53: pdf ジェンという関数名で用意したいと思います 02:03:53 - 02:03:58: これはもう実行したいと思います今回ですねえとちょっと頭ですねこの1行ずつ 02:03:58 - 02:04:02: ざっくりと説明して終わりにしたいとは思っています 02:04:02 - 02:04:07: では行きましょうこの pdf ジェンというまあ関数作ったんですけれどもこの中に 02:04:07 - 02:04:09: はこのファイル名というか新しいファイル 02:04:09 - 02:04:13: 格納先ファイルパスを指定してそして先ほどのシート 02:04:13 - 02:04:18: 引数に持っていますここで砂に設定しているかというのもざっくりいうとまあこの 02:04:18 - 02:04:23: ファイルの pdf のサイズを指定していますでランドスケープと書いてあってまぁ 02:04:23 - 02:04:26: かっこええよと書いてあるのでこれ a 4に設定されていて 02:04:26 - 02:04:29: landscape で格好で食っているのでこれは横にな 02:04:29 - 02:04:34: います縦の場合は何も書かずに4としてあげればいいんですけれども 02:04:34 - 02:04:38: 公開ランドスケープとしているのでこれは横の a 4サイズになりますマイクせる 02:04:38 - 02:04:39: 横長でしたよね 02:04:39 - 02:04:46: なので横長の栄養にしていますここでフォントっていうのを宣言してここにフォントの 02:04:46 - 02:04:50: 設定を行っているような形ですでまあいろいろ書いてあるんですけれどもこの部分は 02:04:51 - 02:04:54: からで elements とデータというのを用意していてまずデータの部分ですね 02:04:54 - 02:04:58: これは二次元配列でデータを格納するようなものです 02:04:58 - 02:05:02: あというのは1個1個のセルの値あったじゃないですかそれらをですねここに格納して 02:05:02 - 02:05:03: いく必要があります 02:05:03 - 02:05:06: でセルの値っていうのはこの先ほどもん 02:05:06 - 02:05:12: 見せしたようにこの1行をとって聖1.ローズから1行をとってロー 02:05:12 - 02:05:15: その中から1個取るとセールを取り出すことができますと 02:05:15 - 02:05:18: でこのセルに対して 02:05:18 - 02:05:22: まあ先ほど設定したこのセルの値というのをとっていきますせる. value で 02:05:22 - 02:05:28: せるの中身を取ってくることができるのでこれユニット a というまあこのリストに 02:05:28 - 02:05:31: 一時的に格納します 02:05:31 - 02:05:37: そうするとこの4分が回ることでユニット a には1行分のセルの値が格納されるの 02:05:38 - 02:05:41: そしたらそれをデータ取った店のでデータの中に入れます 02:05:41 - 02:05:47: つまり1行分入れてデータに格納して次のまた1行分入れてデータに格納してっていう 02:05:47 - 02:05:52: 風にするのでこのデータというのは二次元リストになるわけですそして最後ですねこの 02:05:52 - 02:05:57: tt =テーブルっとすることでこのテーブルにこのデータを入れてあげますよという 02:05:57 - 02:05:58: 風にしてあげること 02:05:58 - 02:06:02: ができますここはまあ禁止じゃなくて大丈夫です今回は xl pdf 出力するん 02:06:02 - 02:06:07: ですけどもいわゆるテーブルを使用するのでテーブルの中に実際この値を入れてあげて 02:06:07 - 02:06:09: いるっていうような形です 02:06:09 - 02:06:11: 値を格納していますね 02:06:11 - 02:06:15: このテーブル td というふうにしてますけれどもテーブルデータですねこれを 02:06:15 - 02:06:20: スタイルを決めますよとどういうテーブルデータにするのかというところでテーブル 02:06:20 - 02:06:24: スタイルというまぁ上で読み込んでいるクラスを用いるとさまざまな設定を行うことが 02:06:25 - 02:06:29: このバックグラブと書いてあるんですけどもここはヘッダーの塗りつぶしで色をグレー 02:06:29 - 02:06:30: にしています 02:06:31 - 02:06:34: これ何意味してるのっていう話なんですけれどもここですね 02:06:34 - 02:06:39: 失点と終点を意味していますまあここだけちょっと抑えてほしいなっていう部分です 02:06:39 - 02:06:45: 始点と終点を意味していますこの視点がですねややこしいんですけども行列ではなくて 02:06:45 - 02:06:48: 列と行の順番で描かれています 02:06:48 - 02:06:51: で数ゼロスタートですつまり000 02:06:51 - 02:06:58: 書いてあるのは先ほどのエクセルを表示すると00というのは一番上の子の a 1 02:06:58 - 02:06:59: セルの部分 02:06:59 - 02:07:03: この部分を00で表現していますでマイナス10というのは 02:07:03 - 02:07:09: 列が-1なんですけれども列がマイナス1でも最終列をとってきていますこの-1って 02:07:09 - 02:07:09: いうのは 02:07:09 - 02:07:14: これがどういうことかというと最終列なのでこの横列とってきます 02:07:14 - 02:07:18: 横列の0行目を意味しているので 02:07:18 - 02:07:24: 大野市黒あたってきていますなので始点と終点を合わせるとこの a 1から 02:07:24 - 02:07:27: 多い家までを意味しているのがこの 02:07:27 - 02:07:34: こちらの部分ですここのバックグランドカラーをグレーにしてねというのがこの 02:07:34 - 02:07:38: 1行の意味ですで同じ部分を指定してますよねここ 02:07:38 - 02:07:42: でそのテキストカラーをホワイトにして女っていうのがこの部分です 02:07:42 - 02:07:45: で同じ部分を入れてますがこれあラインで 02:07:45 - 02:07:51: 中央揃えにしてねっていうのがこの部分でこちらはそうではなくて2-1って書いて 02:07:51 - 02:07:54: あるので20位1行目なので2列なので 02:07:54 - 02:07:58: 012の1行目なのでここから 02:07:58 - 02:08:04: ここが視点になっていますつまり c に菓子店になっていて最終行最終列なので 02:08:05 - 02:08:10: こっからここまでのこの範囲を指定しているのがこの部分です 02:08:10 - 02:08:14: これは数値なので右揃えにしてくださいねっていう風に言っていて 02:08:14 - 02:08:18: 駅行コードの部分これは企業コードの部分を表して言ってこれも数値なので 02:08:18 - 02:08:23: 右揃えにしてくださいねフォントを設定しますよということでゼロゼロからマイナス- 02:08:23 - 02:08:24: 1なので 02:08:24 - 02:08:31: これは全てのセルに対してフォント平成角棒の w 後で設定しますよっていう意味で 02:08:31 - 02:08:35: 8.5ポイントですかねにサイズを変更してグリッド 02:08:35 - 02:08:38: これ0.25のまあ太さでブラック 02:08:38 - 02:08:41: 黒では苦戦を入れてくださいねって言う 02:08:41 - 02:08:45: まあ設定はここでセットスタイルで行っています 02:08:45 - 02:08:50: その設定を行った tt というものをこの elements アペンドしています 02:08:50 - 02:08:53: でそれをこのエレメンツはリストなんですけれども 02:08:53 - 02:08:59: dock .ビルドとしてあげることでこれで pdf っての生成することができる 02:08:59 - 02:09:01: わけなんですね 02:09:01 - 02:09:04: いかがでしょうかなんかちょっと難しいと思う 02:09:04 - 02:09:10: もしれませんがこれですねあの特に難しくはないというかまぁ一個一個が読み解くと 02:09:10 - 02:09:12: そんな難しくないんですけれども 02:09:12 - 02:09:16: パパのエレメンツもリストになっているのは今テーブルのみ追加していますけれども 02:09:16 - 02:09:19: テーブルじゃなくて他の要素も追加したい場合にこのエレメンツでどんどんどんどん 02:09:19 - 02:09:21: リストでアペンドしていくんですよね 02:09:21 - 02:09:24: なのでいったんこので elements というのはなぜかリストなって 02:09:24 - 02:09:29: いるんですけどもこれは今回は低分のみですけどテーブル以外も入れたい場合にはこの 02:09:29 - 02:09:32: エレメンツにどんどんどんどん要素っていうのは追加していく必要があるね